文学部(古典研究会)活動報告【画像あり】

  
  第54回旺文社全国学芸科学コンクールに、文学部(古典研究部)のH組、槻木章弘君が、人文社会科学研究部門にて、見事入賞に輝きました。参考URL(http://gakkon.obunsha.co.jp/award54/4.html
  
  槻木君は、本校図書館所蔵の『康煕字典(こうきじてん)』(清代に編纂された、現在の漢和辞典の元になった権威ある辞書。)を研究し、その特徴を日中双方の序文を中心に調べました。調査した日本版は、上田秋成で有名な前期読本の火付け役、都賀庭鐘(つがていしょう)の卓抜した漢字学の元に編纂され、『三国志演義』や『水滸伝』などが日本にやってきた橋渡しとしての字典でもありました。また、電子辞書との比較もしており、電子辞書が「人」ではなく「情報」を重視したものであることを原稿用紙30枚に述べました。
  
  
  3学期には、調査報告を新図書館で行いたいと思います。是非、多くの方の御来聴をお待ちしております。

  

  部活顧問より

  

  

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>