Skip to content

ナメんなよ、こら!

今朝のニュースで、北朝鮮が弾道ミサイルをグアムに向けて発射するつもりでいることに対して、トランプ大統領がこう言のを聞きました。
North Korea had better get its act together!
ナメてんじゃないぞ、こら!
このget one’s act togetherは「自分の行動に一貫性を持たせる」が原義なのですが、この表現を使うような状況というのは、大体が恫喝です。権力のある人が弱い人に「おらおら、ちゃんとしろよ!」とか「ナメてんじゃないぞ、こら!」と言ってる感じです。ま、日本の沖縄・北方担当相も変ですけど、トランプさんも相当変ですよ。そこら辺にいるオッサンに大統領をやらせちゃいけないと思うのですがね。

薮研の使い方・考えると言うこと(7)

「品詞」と聞いて、うんざりした子もいるんじゃないでしょうか。小学校の時に国語の時間に習った文法が頭に浮かんだでしょ?!そうだよね。日本語文法は人真似ですから仕方ありません。でも、英語はSVOCが骨組みです。これは「名詞(SO)」と「動詞(V)」と「形容詞(C)」の3つです。この3つが分かってないと、英語が読めないようにできてます。ます、ここを読んでみてください。質問があったこれにらぶら下げてくださいね。

たずね人

三浦君!とっても会いたいのですが、これを見てたら応答してください。

考えると言うこと(6)

解説者に手を引いてもらいながら英語を読む(問題を解く)ときに注意することがいくつかあります。先ず、単語集を使って覚えた「言葉の死骸」を生(なま)の文章の中で生き返らせること。もし「de=強調+press(ギュッ)=depress(心を押しつぶす=落胆させる)」の仕組みが分かっていたら、第1語義しか覚えていなくても推測ができます。それに、国語力に自信があれば、第1語義からひねり出すのも悪くありません(多義語は無理ですが)。そして、これが一番大切なのですが、その単語の品詞を必ず考えてください。言い換えると、文章の中でのその単語の役割を考えることです。英語が言葉として性能が高いのは、同じ単語が名詞になったり動詞になったりするところです。これが分からないと、いつまで経っても英語は暗号です。ここは手を抜かずに考えないといけません。小林秀雄じゃないですが、「掴んだら離さぬ」覚悟で考えるのです。
As you have the commentator lead you in reading English (answering the questions) there are several things you should pay attention to. First, revive the corpses of words you learned from word books in real English sentences. If you understand the structure “de=emphasis+press (crush)= depress (crush the heart=depress), you will be able to infer what the sentence is saying even if you only learned the meaning of the word. If you are confident of your Japanese language ability, it’s not bad to work out the meaning of the sentence from the first dictioinacry meaning of the word (although this is hard to do if a word has several meanings). The most important thing is to be sure that you think about what part of speech a word is. In other words, think about the role the word plays in the sentence. English words perform at a high level because one word can be a noun or a verb or some other part of speech. If you don’t understand this, English will seem to you like some kind of code. So don’t cut the corner of thinking about what part of speech a word is. Not to quote Hideo Kobayashi, but make up your mind to “think and not stop thinking.”

考えると言うこと(5)

英語力が「ある一定のレベル」以上に達していない子、言い換えると大概は英語が苦手な生真面目な子なのですが、そんな子たちが何時間もかけて長文1題を解いてることがあります。もし作問者が期待する正解にたどり着く方法が分かっていなければ、それは勉強ではなくて、ただの苦行です。ま、作業後の満足感はあるとは思いますがね。でも、自力で問題と格闘してヘロヘロになってからでは、「正解・解説」を読んで勉強するエネルギーは残っていないんじゃないでしょうか。
そこで提案なのですが、先に「正解・解説」から読んでみてはどうでしょうか。言い換えると、解説者に手を引いてもらいながら問題を読み解いてゆくのです。そうすれば、1題にかかる時間が大幅に減りますから、たくさんの問題を読むことができます。そして何より問題の解き方が分かってきます。その内に、受験生のハメ方(作問者がどうやって問題を作るか)が大学によって違うことも分かってきます。
英文がよく分からなければ、日本語訳から先に見て構いません。それから、どうしてそんな意味になるのかを考えます。
そこで大切になってくるのが、手を引いてもらう「解説者」探しです。問題集を買うときに、周りの皆がよく使っているのを選んでませんか?どんなにその問題集が評判でも、読んで何を言ってるのか分からない解説者では道に迷ってしまうのが落ちです。ちゃんと「正解」の場所まで連れて行ってくれる解説者を探さないといけません。
Students who don’t reach a certain level of English ability, in other words, hard-working students who find English difficult, can spend hours trying to answer a question about a long English passage. If you don’t understand how to reach the answers expected by whoever made the questions then it’s not study but just a kind of self-torture. Although there is a certain sense of self-satisfaction after you’ve done the work. But I wonder if students who are exhausted from battling with a question unaided have energy left to read the solution and commentary.
So I’d like to offer a suggestion. Why not start by reading the solution and commentary? To put it another way, have the commentator take your hand and help you read and understand the text. This will drastically cut down the time spent answering a question. And above all, you will understand how to solve the problem. In this way you will come to learn that the types of questions differ with each university.
If you have trouble understanding an English sentence, it’s fine to look at the Japanese translation first. Then think about why the English used means the same thing.
What’s important here is finding the right commentator to lead you. When you buy a workbook, do you choose it because the other students around you are using it? No matter how popular a workbook is, if you don’t understand what the commentator is saying you end up losing your way. You have to look for a commentator who will take you to the “right answers.”

考えると言うこと(4)

英語の受験勉強のゴールなんて、遙か彼方にぼんやりと霞んでしか見えません。実際、やらなきゃいけないことが多すぎますよね。単語に始まり、熟語、文法、構文、語法、長文読解、英文解釈、英作文などなど。英作文にも、例文の暗記、答えが1つに収束する英作文問題集、日本語の抽象度が高くて答えが拡散するタイプの英作文問題集、さらには自由英作文タイプまであります。これ全部を一定のレベルまで引き上げないと、模試の偏差値は船の碇のように重たくて上にはなかなか上がってきません。
単語集なんて昆虫採集の標本みたいなもので、言葉の死骸が並んでいるだけですから、単語集を何冊やってもやっぱり英語が読めるようにはなりません。まあ、単語がある程度分かるようになると、国語力を働かせばある程度ストーリーが推測できますから、何も勉強しなくても偏差値50から上下10くらい簡単に振れます。今偏差値が60あるからといって安心はできません。英語の受験勉強って本当にヘヴィーなのです。
The goal of English study for entrance exams is hard to see–hidden far off in the mist. There are actually so many things you have to study. Starting with learning words there are also idioms, grammar, sentence structure, wording, reading, structural analysis, composition, and more. And there are many types of English composition workbooks–those that require memorizing example sentence, those with questions that have unique solutions, use of abstract Japanese that enables multiple solutions to questions, and free composition. If you can’t reach a certain level in all of these then the deviation value of a mock examination is as heavy to raise as a ships’ anchor.
English word books are like collections of bug specimens. They just line up the corpses of words, so no matter how many word books you study you aren’t going to learn to read English. Admittedly, if you learn a lot of words and use your Japanese language ability, you can surmise to a certain degree what a story means. Even if you don’t study you can probably get a score within 10 points of the 50-point deviation value. But students who don’t study can’t rest easy because now the deviation value is 60. English study for entrance exams is really heavy.

考えるということ(3)

例えば、今年の慶応の経済学部が出題した自由英作文のテーマは「最低賃金(national minimum wage」と「相続税(inheritance tax)」です。この2つの経済問題に一定の知識があって、それを基に自分の意見が英語で書けるって、そんな高校生はいるのでしょうか?普段から経済問題に興味を持っていて、幸運にも「最低賃金」や「相続税」がテーマの英文をたまたま読んでないと書けないと思います。例えばこんな具合です。
政府が「最低賃金」の値上げに躍起になってるのは、個人消費の活性化が日本経済をデフレから脱却させるためには必要だと思っているからです。確かに物を買うにはお金が要りますから、最低賃金を上げれば、人はどんどんお金を使ってくれると考えるのも分かります。でも実際には、企業収益が過去最高になっても、そのお金は賃金の値上げという形で社員に還元もされず、設備投資にも回されず、ただ内部留保が増えてる一方です。農耕民族である僕ら日本人は、企業も個人も同じで、災害や飢饉に備えて備蓄するのが得意だから、最低賃金が上がっても、人は物を買わずに、貯金するんじゃないでしょうか。
The excitement over the government raising the minimum wage is because it is thought that this measure is necessary to revitalize individual consumption so that the Japanese economy can overcome inflation. Of course money is necessary for buying things, so it’s understandable that if the minimum wage is raised people will spend more money. But in fact, even if corporate earnings reach a record high, that money will not be returned to employees in the form of a higher minimum wage or used for capital investment; the company’s internal reserve will just continue to increase. The Japanese are an agricultural people; both companies and individuals are good at stocking up to prepare for disasters and famines. So even if the minimum wage increases, people will probably put the extra money in the bank rather than spend it to buy more things.
どれだけ勉強すればこんな英語が書けるようになるのでしょうか。

ぺー君!

ペー君、早稲田に行った鈴村先輩から連絡がありました。8月2,5,6、7、8日の中で、ペー君の都合の良い日を考えておいてください。一度、yyabushita@ezweb.ne.jpに連絡をくださいね。

考えると言うこと(2)

この医者の言うのもご尤(もっと)もで、受験勉強というのは制限時間内に効率よく期待されている正解にたどり着く為の訓練ですから、考えちゃいけないわけです。論理的思考能力が試されている数学でさえ、別解禁止だったり、指導要領で扱っていない解法は×になります。そもそも、膨大な数の答案を一々細かく見てられませんから、突飛な(=考え抜かれていて優れた)答案は、スキーのジャンプの飛型点を採点するのと同じで、切り捨てられます。模試なんかは大学生のバイトが採点してるので、「正解」と完全に一致しなかったら×です。あ、短い採点期間を考えると、去年の慶応経済の小論文の一部分は「公平を期すために」採点してないんじゃないか?とも言われています。だから、受験で成功するには、ブルース・リーじゃないですが「考えるな!感じろ!」なわけです(この場合のfeelは「直感的な判断力を使いなさい」くらいの意味です)。
It’s just like the doctor says–studying for exams is an exercise in efficiently getting to the answers expected within the limited time given to take the exam, so you don’t have time to think. Even in the section on mathematics, which tests the ability to think logically, alternative solutions and methods of solving problems that are not included in teaching guidelines are rejected. In the first place, the enormous amount of examination papers makes it impossible to look closely at each of the answers in each one of them. Unusual answers (in other words, excellent answers that are carefully thought out) are ignored the same way they do for the ski jumping contest. Mock examinations are graded by university students who do it as part-time work, so answers that aren’t exactly the same as the answers on the answer sheet are marked as being incorrect. Considering the short time given to grade exams, some people say that maybe part of the essay on economics in Keio University’s exam wasn’t graded to ensure fairness. So if you want to pass the exam, to quote Bruce Lee, “Don’t think! Feel!” (In this case, feel means intuitive judgment.)

考えると言うこと(1)

その医者が面白いことを言います。「受験というのは、出題者が求めている解答にいかに効率よくたどり着くかが重要なのだから、結局子供たちは物を考えなくなる。出てくる解答はどれも金太郎飴のように無個性で、面白みなんてないだろう。そんな子供たちに物を考えて英語で書かせるなんてできるのか?」と。
これを聞いて思い出したのが、随分前に読んだ小林秀雄の『考えるヒント』の一節です。曰く、「考えるとは、合理的に考える事だ。どうしてそんな馬鹿げた事が言いたいかというと、現代の合理主義的風潮に乗じて、物を考える人々の考え方を観察していると、どうやら、能率的に考える事が、合理的に考える事だと思い違いしているように思われるからだ。当人は考えている積りだが、実は考える手間を省いている。そんな光景が到る処に見える。物を考えるとは、物を掴んだら離さぬという事だ。」(文春文庫『考えるヒント』-良心)
日本語の「合理性」という言葉の中には「無駄がなくて能率的てある様」という意味があって、小林秀雄の言ってることは間違っているんじゃないかと感じる子もいると思います。でも、元々合理性は「理性に合っている」が原義で、理性は論理とほぼ同義ですから、「論理に合うこと」くらいの意味だと分かります。だから小林秀雄は、論理的に物を考えられること、きちんと筋道立てて推論できることを「合理的」と言っているわけです。ちなみに、英語のreasonabilityやreasonableness、あるいはrationalityの中には能率的だとか無駄のないという意味はありません。その意味でも、小林秀雄が「思い違いをしている」と言ってるのは正しいわけです。
The doctor said something interesting. “When you take an exam, the important thing is to give the answers the people who made the exam want as efficiently as possible. Exams don’t require kids to think for themselves. The answers are all the same–like cookies made with the same cookie cutter. Can you have kids who are used to studying for exams like that write their original thoughts about something in English?”
This reminded me of a passage from a book I read a long time ago by Hideo Kobayashi called Kangaeru Hint (Hints for Thinking). He wrote, “Thinking means thinking reasonably. You may ask why I want to say such a stupid thing. It’s because when I observe people who think about things blindly following today’s rationalism it seems they have the wrong idea that thinking efficiently is tantamount to thinking rationally. These people intend to be thinking, but actually they are omitting the trouble of thinking. This is a sight I see everywhere. Thinking means to grasp something and not let go.”
Within the Japanese word gorisei (reasonableness, rationality) are the meanings of efficiency and no waste, so some students wonder whether what Hideo Kobayashi is saying is wrong. But the original meaning of gorisei is “to agree with reason.” “Reason” has virtually the same meaning as “logic” so gorisei can be understood as meaning “to agree with logic.” So Hideo Kobayashi uses the term “reasonably” to mean thinking logically, to base reasoning on logic. By the way, the English words reasonability, reasonableness, and rationality don’t contain the meanings of efficiency and no waste. In this sense also, Hideo Kobayashi is right to say “it seems they have the wrong idea.”