Skip to content

Vintageはクソ参か?!(13)

115 もっと注意をしていれば、彼はそんな間違いをしなくてすんだのに。 京都女子大
Greater care [ a / from / have / him / prevented / making / such / would ] mistake.
→Greater care would have prevented him from making such a mistake.
Greater careを主語にして、述語動詞をwould have preventedでまとめ、主語に仮定の意味を含む仮定法過去完了の文章を作る。「もっと細心の注意が彼をそんな間違いをすることから妨げたであろう」が直訳。
先ず、直訳だからといって、このpreventを「妨げる」と訳しちゃいけません。 prevent の原義は「①人間の力ではどうしようもないものが人を妨げる」か「②人や人の行為が災難を防ぐ」の2つです。問題の文意からすると、「妨げる・止める」ではなく「防ぐ・防御する」の訳語が適切です。こんな具合です。
これまで以上に注意を払うことが、もしかするとそんな間違いを犯すことから彼を防御してくれたかもしれない
Taking greater care would have prevented him from making such a mistake.
このfromはここでもやったように「禁止・抑制の from」ですから、「そこから人を引き離す」が原義です。preventも「意図する行為」から人を引き離せば「妨げる」、「災難」から人を引き離せば「防ぐ」になるわけです。だから「注意間違いを犯すことから妨げる」とやると日本語が崩壊してしまいます。日本語になってない訳文は「直訳」ではなくて「誤訳」です。
さて、Vintageの正解とはちょっと違っていることに気が付いたと思います。どうしてgreater caretaking greater careにしたのかというと、greater careだと「これまで以上の高度な配慮」くらいの抽象名詞で、具体的な彼の行為とは全く別のもになってしまうからです。そもそもcareという心の状態には動きはなく、心に抱いている「関心」や「心配」を表現しているだけで、「注意する」という心の動きを表現しようと思うとtake care of Aとかgive care to Aにしないといけません。
こんな変な英語を出題した京都女子大の出題委員の先生もダメですが、それを問題集に掲載したVintageもどうかと思います。

Vintageはクソ参か?!(12)

Vintageの説明が変です!ちまたでは「難しい問題集」だと言われてるそうですが、出題大学を見れば難しいはずはなく、説明を読んでも分からないから「難しい」だけです。
前回に勉強した「終点がハッキリしないと完了は使えない」の例文をいくつか足しておきます。ここは時制の大切なポイントの1つですからね。
あたしは子供の頃、その小説を読んだことがある。
I read the novel when I was a child.
過去の経験を表現しているので、過去完了が使えそうですが、「子供の頃」という漠然とした期間では完了は使えません。
小学校を卒業するまでに、あたしはその小説を読んだ。
I had read the novel by the time I graduated from elementary school.
日本語は「読んだ」になってますから、過去形のreadだと思うよね。でもhad readが正解。どうしてかというと「小学校を卒業するまでに」が期間の終点を明示しているからです。もう1つ。
僕は子供の頃5年間ニューヨークに住んでいた。
I lived in New York for five years when I was a child.
過去に5年間ずっとなのだから、過去完了の継続用法が使えそうですが、「子供の頃」では終点がハッキリしません。でも、次の様になると過去完了でないといけません。
僕は大阪に来る前に5年間ニューヨークに住んでいた。
I had lived in New York for five years before I came to Osaka.
「大阪に来るまで」がニューヨークにいた期間の終点だから、過去完了が使えるわけですね。Vintageの説明だけではこのことがさっぱり分かりません。前にも書きましたが、Vintageの説明ではその問題しか解けません。YouTubeには映像解説もあるのですが、書籍の説明とあまり変化がありません。やっぱりこの問題集は使わない方が良いでしょうね。

Vintageはクソ参か?!(11)

15He (   ) Chicago many times when he lived in the U.S. ・・・神戸女子大
①has visited  ・・・・・・②has been visiting
③has been visited  ・・・④visited
when he lived は過去も示す語句(なので)現在完了とともに使うことができない表現。when he lived in the U.S.「彼がアメリカ合衆国に住んでいたとき」は過去を示すごく。過去を示す語句は過去時制とともに用いるので④が正解。過去を示す語句は現在完了とともには使えない。よって、現在完了の①②③は不可。
前から、いいずな書店の「Vintage」の解説が理解不能だと書いてきました。前回は、Vintageの説明を読んでもVintageに載ってるその問題は解けるのだけど、それ以外の類題が解けるようにはならないとも書きました。今回のこれも同じです。この問題のポイントは、過去完了形過去形かを判別できるかというところです。それがVintageは分かってません。
日本に帰るのにアメリカを離れるときまでに、僕はシカゴに何度も訪れた。
I had visited Chicago many times by the time I left the U. S. to go home to Japan.
これは昨日説明した「AしたときにBしたことがあった」のパターンです。つまり、「日本に帰るときまでにシカゴに行ったことがある」と言ってます。では、次のはどうでしょうか。
アメリカに住んでいたときに、僕はシカゴに何度も訪れた。
I visited Chicago many times when I lived in the U.S.
同じ「AしたときBしたことがある」ですが、今度はhad visited(昔の経験=過去完了)が使えません。どうしてかというと、終点がハッキリしない場合には完了は使えないからです。つまり、「アメリカに住んでいた頃」は漠然とした期間だから終点がハッキリしません。一方、「アメリカを離れて日本に帰るまでに」はまさに「終点」ですよね。だから、こんな英語は成立しません。
アメリカに住んでいたときに、僕はシカゴに何度も訪れた。
I had visited Chicago many times when I lived in the U.S.(×)
神戸女子大の問題がこうだったら面白かったですね。
15He (   ) Chicago many times  by the time I left the U. S. to go home to Japan.
神戸女子大改題

①had visited  ・・・・・②has been visiting
③has been visited  ・・④visited
Vintageの説明だと、by the time I left the U.S. to go home to Japanは過去を示す副詞なので、過去形の④visitedも正解だと言うことになってしまいます。ほらね!Vintageの説明ではVintageに載ってるその問題は解けるのだけど、それ以外の類題が解けるようにはならないでしょ!次回は類題をもう少し見てみましょう。

Vintageはクソ参か?!(10)

05 Sandy (   ) in the library when I saw her two hours ago. 北里大
①was studying・・・。・②has studied
③has been studying ・・④is studying
when I saw her two hours agoに注目。「2時間前に見かけたときに勉強していた」という過去のある時点で進行中の動作を述べているので、過去進行形の①was studyingが正解。
前からVintageの説明が変だと書いてます。この説明も全く不十分です。これでは「AしたときBしていた」と「AしたときずっとBしていた」の区別が付きません。2つとも同じ「Bしていた」なので、両方とも過去進行形になると思ってしまいます。実際に、この問題文にfor two hoursが入ると、まったく違った英語になります。こんな具合です。
2時間前に見かけたとき、サンディーは図書館で2時間ずっと勉強していた。
Sandy had been studying for two hours in the library when I saw her two hours ago.
北里大の選択肢は、②③④はどれも現在時制で、過去時制は①だけですから、過去を表す副詞when I saw her two hours agoに注目するだけで、過去時制の①が正解だと簡単に分かります。でも、次の様になるとVintageの説明では解けません。
Sandy (   ) for two hours in the library when I saw her two hours ago.
①was studying・・・②had been studying
③studied・・・・・・④had studied
「2時間前に見かけたときに勉強していた」と「2時間前に勉強したときにずっと勉強していた」が区別できていないと①なのか②なのか迷います。あ、③は過去の習慣、④は勉強したことがあったという経験ですから、空所には入りません。ここでも前に説明したように、when S+Vが過去を表す場合のパターンはこれだけあります。
「AしたときBしていた」
「AしたときずっとBしていた」
「AしたときすでにBしてしまっていた/まだBしていなかった」
「AしたときBしたことがあった」
結局、Vintageの説明を読むとVintage に載ってるその問題は解けるのですが、それ以外の問題が解けるようにはなりません。

Vintageはクソ参か?!(9)

02 The man (   ) his job in 2011, and he has been looking for a job since then. 佛教大
①has lost・・・②had lost
③lost・・・・・④loses
in 2011という過去を示す表現に注目「2011年に失業した」という過去の出来事を述べているので、過去時制の③lostが正解。
前からVintageの説明がちょっと変だと書いてきました。この説明もブリブリ変です。あ、ブリブリというのは九州弁で「とても」の意味の副詞です。さて、当然のことですが、この文章がいつ書かれたかによって2011年が過去になったり未来になったりします。こんな具合です。
彼は2011年に失業してるだろう。2010年の今年までは派遣社員として働いていたが、不景気で仕事が減っている。
He will lose his job in 2011.  He has been working up to this year, 2010, as a temporary staff member. But he can’t find a job because the economy is depressed.
上の例文は2010年現在に書かれているのだから、2011年は未来になります。問題文も同じで、「2011年」が過去を示しているのではなく、その直後に「彼はそれから今までずっと仕事を探している」と書いてあるので、「失業した」2011年が過去だと分かるのです。Vintageの説明は、頭の悪い小学生の言い訳を聞いてるような気がします。

飯地の石垣

今日からリンダの6回目の抗癌剤治療が始まります。しばらくクソ参シリーズはお休みします。あ、飯地の石垣を見たいという投稿をもらったので、載せておきます。京都のお寺にも献納した恵那石の石組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vintageはクソ参か?!(8)

3 Until next summer, the pool (   ) under construction.
①was/・ ・・②has been
③had been④will be
Until next summerという未来を示す表現に注目。「次の夏まで工事中」という未来の出来事を述べているので④will beが正解。
今回から「時制」の説明を見てゆきます。「until next summerが未来を表現している」という説明は正確ではありません。until next summerではなくてnext summerが未来を示しているのです。untilはまったく関係ありません。この説明では、untilが出てくると未来かな?という誤解を与えてしまいます。
僕は去年は8時まで働いていた。
I worked until eight last year.
あたしは今、8時まで毎晩働いている。
I work until eight every night.
あ、untilが出てきたのなら、byとの違いをそこで説明した方がよいでしょう。こんな具合です。
私は5時までに戻らないといけない。
I have to get back by five.
私は君が帰ってくるまで寝ずに待ってます。
I will stay awake until you come back.
「その時までならいつでもOKのby」と「その時までずっとやってるuntil、till」というわけです。

Vintageはクソ参か?!(7)

68 Tom (   ) there yesterday, but we didn’t see him.
①might be・・・②may have been
③should be・・・④must have to be
過去の内容であることに注目
yesterdayに注目すれば、問題文は過去の内容を述べていることが分かる。文意が成立するのは②may have beenだけ。①のmightは現在や未来の推量を表すので不可。
これがSection27の「may have done(したかもしれない・であったかもしれない)」に分類されている問題です。あ、doneは一般動詞ですから、「~したかもしれない」の意味になりますが、be動詞のmay have beenじゃないと「~だったかもしれない」の意味にはなりません。このような説明の甘さが無用な混乱を招きます。ま、これはどうでも良いのですが、これと一緒に扱われるはずの「may(するかもしれない・であるかもしれない)」がSection19まで戻らないといけないのはなぜでしょうかね。
彼は今夜ここに来るかも知れない。
He may come here tonight.
彼は昨夜ここに来たかも知れない。
He may have come here last night.
なぜこの2つのSectionが離ればなれになっているのでしょうか?薮下にはさっぱり分かりません。それに、この2つは両方とも「現在の内容」を説明しています。だって「~かも知れない」と今思っているのですからね。だから「問題文は過去の内容を述べている」という説明は間違っています。そうじゃなくて、過去の内容を表したくても表せないということです。こんな具合です。
彼は今夜ここに来る。+「かも知れないと今思ってる」
He comes here tonight.+「かも知れないmay」
=He may come here tonight.
「今夜ここに来る」も「かも知れないと思っている」のも今のことだから時間にズレがないのでcomesをそのまま原形のcomeにすればOKです。では次のはどうでしょうか。
彼は昨夜ここに来た+「かも知れないmay」
=He may came here last night.(×)
過去形cameの前に助動詞mayを入れたいのだけれど、助動詞の後ろは原形だから、上の「今夜来るかも知れない」と区別がつきません。「昨夜来た」という過去を表したいのだけれど表せない。こんなときに「過去が表せないときのhave+過去分詞」を使います。こんな具体です。
彼は昨夜ここに来たのかもしれない。
He may have come here last night.(○)
このようなわけで、「するかもしれない」と「したかもしれない」の2つを同じSectionで扱わないのは薮下には納得ができません。

Vintageはクソ参か?!(6)

52 You (   ) talk about yourself if you don’t want to.     九州ルーテル学院大
①don’t have to・・・②don’t have
③have not to・・・・④have not
「~する必要はない(不必要)」を表す①don’t have toならば文章が成立する。
③have not toはVintageだけじゃなく、他の問題集でもよく見る選択肢です。実はこのhave not toという表現は時代が時代なら「成立する」表現なのです。have not toを使っていたのはずいぶん前のことで、今はもう使いません。でも問題には「現代英語の用法に限定する」という条件なんて付きませんから、前に成立していた表現も正解であることに違いありません。だから、こんな問題を作る大学には行かないことですね。
さて、have not toが自然な表現で、don’t have toの方がちょっと異常なんだということを説明しておきます。
君は魚を生で食べるべきではない。
You ought not to eat the fish raw.
不定詞を否定する時には、toの前にnotがつきます。だからought toの否定形はought not toなのです。これは「ことシリーズ」の否定形でも同じでしたね。
僕が行くこと・行かないこと
for me to go
for me not to go
今夜は外出しない方がよい。
You had better not [to] go out tonight.
このnotの位置もルール通りで、もとはhad better to goのtoが脱落して原形不定詞になっているのですからね。もちろんhad betterを1つの助動詞の塊だと考えても同じことです。さて、いよいよhave toです。ought toの否定形がought not toなのですから、have toの否定形もhave not toになるのが自然です。イギリス英語では昔はhave not toと言ってました。ところが、米語では発音のし易を優先したいので、hafta(have toが実際に発音される時の音)のセットを崩したくなかったのでしょう。
そういうわけで、don’t have toもhave not toも文章は成立するわけですから、九州ルーテル学院大はもう少し選択肢を考えて出題してほしかったですね。それにVintageはこの問題を掲載しない方がよかったと思います。

Vintageはクソ参か?!(5)

またまた、いいずな書店が出している「Vintage」の説明について考えます。
60 Peter would rather stay home than (   ) to the movies.   北里大
①having gone・・・②go
③gone・・・・・・④to go
この表現のthanの直後には動詞の原形が来るので②が正解。
「この表現」というのはwould rather A than Bのことを言ってるのでしょう。だったら、thanの後ろのBがいつも「動詞の原形」だとは限りません。こんな具合です。
僕はできれば京都よりも東京に行きたい。
I would rather go to Tokyo than to Kyoto.
どうしてこうなるかというと、thanが等位接続詞の仲間だからです。ratherと一緒になって(相関して)使うので、相関接続詞とも言いますが、andやbutと同じ仲間です。だから、ここでも説明したように、thanを挟んでAとBはキレイな左右対称形になります。問題文もそうなってます。
ピーターはできれば映画に行くより家にいたい。
Peter would rather stay home than go to the movies.
問題文の場合は、たまたまthanの後ろに原形が来ていて、「原形 than 原形」になってるだけ。だからVintageは、「この表現」をAとBに動詞の原形が来る場合だけを取り上げて、「would rather do~than do~」なんて表題を付けてはダメ。等位接続詞thanがつくる左右対称構造を抜きにして「この表現」を説明することはできないのです。「thanの後ろは原形」だと思い込んでいると、大学には合格しませんよ。