Skip to content

イチから鍛える英語長文500もクソ参?(30)

今回は『イチから鍛える英語長文500』を見てみようと思います。前回の進研模試も、今回の学研の参考書も、子供たちの質問から発覚したミスです。いつも薮下がミスを見つけようと躍起になっているのでは決してありません。誤解のないようにしてくださいね。見ちゃったら、知らない振りができないだけです。
1.アメリカ人とヨーロッパ人の価値観の違いと英語のあり方
P.113 「構文解説」
At work here may be the shared use of English covering over more profound differences in values and attitudes, masked by formal vocabulary.
CVSの倒置の語順となっている。「前置詞+名詞」は主語にならないということから”the shared use of English”が主語だと見抜ける。普通の語順に戻すと”The shared use of English may be at work covering over…”となるが、S is at work doing(-)”は「Sが影響して~している」という意味を表す。”masked~”の部分は分詞構文だが、maskされるのは”more profound differences”であり、この文の主語”the shared use of English”ではないという点で、イレギュラーな分詞構文となっている。
前半の倒置の説明は問題ありません。書いてある通りです。ま、「見抜く」ほどのことではないと思うのですがね。いけないのは後半です。先ず、S is at work doing(-)は「Sが影響して~している」という意味を表すというのがダメです。これを書いた先生は-ingを現在分詞だと勘違いしているみたいですね。だから「~している」という訳語をつけてしまった。これはまったくアホな勘違いです。この英語には「視点・観点のin」が省略されているだけなのにね。こんな具合です。
職業を考える点において、もらえるお金が影響している。
The factor of money is at work [in] considering an occupation.
これを「もらえるお金が影響して、職業を考えている」なんて和訳してはいけません。あくまでA is at work in Bは「Bの点において、Aが働いている・影響を与えている」です。これは薮研のここでも説明した「前置詞が省略されているから動名詞」のパターンですね。
ま、このエラーは大したことはありません。完全に間違っているのは次の「“masked~”の部分は分詞構文だが、maskされるのは”more profound differences”であり、この文の主語”the shared use of English”ではないという点で、イレギュラーな分詞構文となっている」という所です。これは真っ赤なウソです。
分詞構文で省略される主語は「主節の主語」じゃないといけません。そうでないと省略できません。だって、読む方がそう期待して読むのだから、別のが主語になるなんて、何を言ってるのだか分からなくなってしまいますからね。だったらこれは分詞構文ではなくて、タダの関係代名詞の非制限用法です。こんな具合です。
価値観や考え方の大きな違いを分からなくするという点で、世界中の皆が英語を使っていることが影響している。そして、その違いは皆がルール通りに英語を使っていることによって(も)覆い隠されている。
At work here may be the shared use of English covering over more profound differences in values and attitudes, which are masked by formal vocabulary.
これを「イレギュラーな分詞構文」と説明できる神経が薮下には分かりません。多分この先生は、自分が分からないものは何でも「イレギュラー」だと説明してきたんじゃないですか?分詞直前の「関係代名詞+be動詞」が省略されることは、中学生でも知ってるただの接触節です。決してイレギュラーな分詞構文ではありません。こんな具合です。
英語で書かれた本
a book which is written in English
=a book written in English
ま、この文脈でwhich areを省略するのは「悪文」だとは思いますが、これを「分詞構文」だと説明するのはただのバカです。子供たちの話では、こんな本がネットでは分かりやすいと人気だそうです。そのことが薮下には全く理解できません。こんな本で勉強して、本当に英語が分かるようになるのでしょうか?だって、説明に困ったら何でも「イレギュラー」なんでしょ?!それに第1章からこれなのですから、先は推して知るべしです。さらに、これって河合塾の「やっておきたい英語長文300、500、700」のパクリじゃないのですか?どうせパクるのなら、オリジナルよりも良いものを作りなさい!

Vintageはクソ参か?!進研模試はクソ模試か?(29)

今日はVintageの解説ではなくて、進研模試の問題を見てみようと思います。これは「2017年度・高2学力テスト・総合学力記述模試・1月」という進研模試です。薮下が「あれ?」と思ったのが【必修問題】4 です。こんな具合です。
‘Foreigners think we [Japanese-trained wrestlers] are just big bullies. In the stable, you are broken down physically and mentally. But they only do this to new wrestlers because they see a future in you. Then they start again from the beginning to build you back up. Most of us who come here from America think they can change the sport. But it’s not like that. You have to change yourself into the sport.’
外国人は、私たち(日本で訓練された力士)は、単にでかい暴れ者だと考える。相撲部屋では、体も心も打ち負かされる。しかし、彼らが新弟子にこれをするのは、(彼らには)ただ将来性が見えるからです。それから彼らは新弟子を最初から鍛え直し始めるのだ。アメリカ出身の私たちのほとんどは、自分たちがそのスポーツ(=相撲)を変えることができると考えている。しかし、そのようにはいかない。自分自身を相撲に合わせて変えていかなければならない」
これはハワイ出身の外国人力士である曙が外国から来た新弟子たちに言ってる言葉です。Foreignersは当然「日本人」です。それがtheyで受けられています。 だから、上の赤い部分はこうしないと意味が通じません。
アメリカ出身の私たちのほとんどは自分たちが相撲を変えることができる思っている。
Most of us who come here from America think [that] we can change the sport.
だって、theyにすると「日本人が相撲を変えることができる」の意味になってしまいますからね。文中でyouと言われているのは、設問6にも出てくるnew American wrestlersです。こんな具合です。
設問6 次のQuestionに対するAnswerとなるように、空所に入れるのに適当な内容を英語で補え。
Question: What does Akebono think new American wrestlers have to do in their stable?
Answer: He thinks that they [ have to change themselves into the sport / must change themselves into sumo ] instead of thinking they can change sumo.
問題文中ではnew American wrestlersをtheyで受けてますが、曙の発話の中のtheyはあくまでも日本人です。この作問委員は問題文中のtheyと曙の発話中のtheyを混同してますね!そして、問題文が間違っている以上、それを問題化しているこの設問は成立しません。前にも同じことがあったのを思い出します。やっぱり進研模試はクソ模試ですね!もう止めたほうがいいんじゃないですか?

Vintageはクソ参か?!・東進はクソ塾か?!(28)

今回はVintageではなくて東進ハイスクールの和訳を見てみようと思います。ジュンペイ君が今和訳に取り組んでいるのが、2016年度のセンターの図表問題です。彼の英文にはたくさんの書き込みがあって、コンマやコロンが潰れてしまって見えないので、東進ハイスクールのホームページから問題文をダウンロードして英文を確認することにしました。ついでに、解答・解説も読んでみたのですが、ちょっとすごいミスを見つけてしまいました。
2016年度センター英語・問4
The US domestic market receives orange imports from various countries and regions. Among the major suppliers, Mexico is a longtime source. Hover, due to the strong US demand for fresh oranges throughout the year, the Southern Hemisphere countries have also become major suppliers, especially during the summer months when domestic navel oranges are not available. Australia was the first such country, starting in the early 1990s after it obtained permission from the US government to export its navel oranges there. Australia was followed by south Africa in the late 1990s, and most recently by Chile as well.
合衆国の国内市場は、様々な国や地域からオレンジを輸入している。主な供給国の中で、メキシコは長期にわたる輸入元である。しかし、年間を通じて合衆国の新鮮なオレンジに対する需要が高いために、特に国産のネーブルオレンジがとれない夏の数ヶ月間は、南半球の国々も主だった供給国になっている。オーストラリアはそのような国の一番手で、1990年代初期の輸出開始に先立って合衆国政府からネーブルオレンジを合衆国に輸入する許可を得ていた。オーストラリアに続いて、1990年代後半には南アフリカが、そしてごく最近にはチリも加わった。
先ず、こんな和訳をしておいて、平気でいられる神経を疑います。だって、「輸出開始に先立って許可を得てい」なかったら密輸じゃないですか?!文脈からそんな内容がここで述べられているはずがありません。ハッキり言って、こんな和訳をして何の違和感も感じないのは、ただのバカです。この和訳の失敗は、to export its navel oranges thereをpermissionに掛けてしまってることです。こんな具合です。
自国のネーブルオレンジを輸出する許可
permission to export its navel oranges there
こうすると、付帯状況分詞構文(以下、付分)のstartingが「始まった」という意味の自動詞になってしまいます。だって、startの目的語がなくなってしまいますからね。そうじゃなくて、他動詞「始めた+何を」じゃないと意味不明です。だったら、to export its navel oranges thereをstartingにつなげないといけない。こんな具合です。
オーストラリアは自国のネーブルオレンジを(合衆国に)輸出し始めた
starting to export its navel oranges there
付分の主語と時制は、前の文と一致するので、こうなります。この下線部の面白いのは、動詞startと目的語to exportが離れているところ。これに気が付かないなら、英語を教えない方がいいと思います。
林先生は嫌いじゃないですが、東進で勉強しても、英語ができるようにはならないでしょうね。東進はクソ塾か?!ということです。模範解答を付けておくと、こうなります。東進さん!訂正しておいた方がいいと思いますよ。あ、もしかして赤本が間違っていて、それをコピーしたということでしょうか?まさかね!
オーストラリアはそのような国の一番手で、1990年代初期、合衆国政府から許可を得た後に、自国のネーブルオレンジを合衆国に輸出し始めた。

Vintageはクソ参か?!(27)

前回からVintageに載っている128の説明について考えています。
メアリは一緒に働きやすい。
It is easy to work with Mary
形式主語Itの真主語はto work with Maryですから、「メアリと一緒に働くこと」をeasyだと判断しているのが分かります。この easy は「物事」の判断ですからルール通りです。
メアリは一緒に働きやすい。
Mary is easy to work with.
でも、このように「人のMary」を主語にすることはルールに違反するはずですが、この英語は正しい表現です。どうしてかというと、次の条件を満たしているからです。
①不定詞句の末尾に人主語を入れて文が成立する
②easy to work withが「物事の判断」から「人の性質」になる
それではいくつか例を挙げて①、②の条件を満たしているかどうかみてみましょう。
⊿彼はだまされ易い。
He is easy to deceive.
①→to deceive him
②「だますのが簡単」ではなく「(話者から見て)だまし易い→(彼は)だまされ易い」
⊿彼は手強い相手だ。
He is tough to beat.
①→to beat him
②「打ち負かすのが難しい」ではなく「手強い」
⊿彼女は頑固な性格だ。
She is difficult to please.
①→to please her
②「喜ばせるのが簡単」ではなく「頑固だ」とか「頭が固い」
⊿彼女は話しかけやすい人だ。
She is easy to talk to.
①→to talk to her
②「話しかけるのが簡単」ではなく「話しかけやすい」
ですから、前回も書いたように「(メアリーは)一緒に働くのが簡単である→働きやすい」と発想すること自体が誤りなわけです。あ、不定詞句の末尾に主語を入れて文が成立するのは、「物主語」でも同じです。こんな具合です。
⊿この問題を解くのは僕には簡単だ。
This problem is easy for me to solve.
→to solve this problem
⊿このペンは僕には書きにくい。
This pen is difficult for me to write with.
→to write with this pen
「快不快・難易・安全危険・不可能の意味の形容詞」をまとめておきます。これはVintageの「整理して覚える014」<A is +形容詞+to do>の形で用いられるおもな形容詞と同じですが、Vintageは「整理して覚える009」も同じ形で用いられることに気がついていないのがおバカですね。
「難易」difficult, hard, tough ⇔ easy
「危険・安全」dangerous ⇔ safe
「快不快」comfortable ⇔ uncomfortable
「不可能」impossible

Vintageはクソ参か?!(26)

今回はVintageに載っている128の説明について考えます。先ず「メアリーは一緒に働くのが簡単である」という日本語がいけません。
▲「(メアリーは)一緒に働くのが簡単である→働きやすい」という文意が英文の骨格となる。「メアリーと一緒に働く」はwork with Mary。そのMaryが主語になっている点に注意。127で学習した形容詞の限定をする副詞用法だが、127と違い、前置詞withが文末に残る点に注意。
「メアリーは簡単だ」という日本語はありません。なぜこの日本語が間違っているかというと、「簡単だ」はあくまで「メアリーと一緒に働くこと」を判断した形容詞であって、メアリーを判断したものではないからです。分かり易く説明しようという著者の気持ちは分かりますが、ウソを言ってはいけません。
そもそも「快不快・難易・安全危険・不可能の意味の形容詞」は物事に対する判断を表現するときに使います。こんな具合です。
この問題を解くのは僕には簡単だ。
This problem is easy for me to solve.
=It is easy for me to solve this problem.
「問題」に対して「簡単だ」とか「難しい」という判断を下すのであれば、それは正しい表現です。普通は人に対して「簡単だ」とか「難しい」とは言いません。そして、128のように前置詞を文末に残したいのなら、こうなります。
このペンは僕には書きにくい。
This pen is difficult for me to write with.
=It is difficult for me to write with this pen.
やっぱり「このペン」に対して「簡単だ」とか「難しい」という判断を下しています。どちらも形式主語で書き換えることができます。でも、人を主語にして人に対する判断にしてはいけません。こんな具合です。
この問題を解くのは僕には簡単だ。
I am easy to solve this problem.(×)
このペンは僕には書きやすい。
I am difficult to write with this pen.(×)
でも、「人」に対してeasyやdifficultが使える場合が例外的にあります。それがVintageの設問128なのです(それさえVintageは説明していません)。こんな具合です。
メアリは一緒に働きやすい。
Mary is easy to work with.
=It is easy to work with Mary
形式主語Itの真主語はto work with Maryですから、「メアリと一緒に働くこと」をeasyだと判断しているのが分かります。このeasyは「物事」の判断ですからルール通りです。でも、Maryを主語にすることはルールに違反するはずです。では、どういう場合にこのルール違反が容認されるのかというと、次の条件を満たす場合です。
①不定句の末尾に人主語を入れて文が成立する
②easy to work withが「物事の判断」から「人の性質」になる
長くなったので、続きは次回です。

Vintageはクソ参か?!(25)

久しぶりの「クソ参」シリーズです。イタリア人のシッシーに日本語を教えていて、試験のある2月14日まではしばらくそっちにかかり切りになりそうなので、更新が遅れるかも知れません。
さて、前回は126を副詞用法に分類するなんて、日本の英語教育は変じゃないのかという話をしました。今回は125と126を比べてみようと思います。
125 そんな危険なジャンプに挑戦するなんて、彼は気が変だったに違いない。
He must have been crazy to try such a dangerous jump.
=It must have been crazy of him to try such a dangerous jump.
126 昨夜、玄関の鍵を開けっ放しにしておくなんて、彼女は不注意だった。
She was careless to leave her front door unlocked all last night.
=It was careless of her to leave her front door unlocked all last night.
それぞれ赤い方が出題されていますが、2つとも「性質のof」の問題です。つまり、「It is+人の性質を表す形容詞+of 人+真主語のto~」で表現できるタイプです。これは「人is +形容詞+判断根拠のto~」に書き換えられます。
なぜVintageはこの全く同じ問題を別々にしたのかというと、125が判断の根拠を表す不定詞の副詞用法で、126が形式主語Itを受ける真主語になってる不定詞の名詞用法だからでしょう。これもバカな思い違いなのですが、ここまでは前回までに「クソ参認定」された部分です。薮下が分からないのは、なぜ126では「It is+人の性質を表す形容詞+of 人+真主語のto~」を「人is 形容詞+判断根拠のto~」に書き換えているのに、125ではそうしなかったのかということです。Vintageは126の解説でこう書いています。
▲It was careless of herで「彼女は不注意だった」という判断を下し、to leave~でその判断の根拠を示している。She was careless to leaveとしても同意。
何度も言いますが、to leave~は判断の根拠を示す副詞用法ではありません。これは真主語の名詞用法です。ま、それは置いとくとして、Vintageの著者はなせ125の説明で次の様に書かなかったのでしょうか?
▲It must have been crazy of him to try such a dangerous jump.としても同意。
見開き左側にある「整理して覚える013 人の性質や性格を表すおもな形容詞」のリストの中に、125のcrazyも126のcarelessも含まれているのだから、当然どちらも人主語でも形式主語でも表現できます。なのに125でそう書かなかったのは、もしかするとVintageの著者はこのことが分かってなかったのかも知れませんね!!

sun tan!

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “単語(tango)” The pronunciation of “tango” sounds like “tan go”. So how about memorizing the word”単語(tango)” with “The word is if you want a tan, go to the beach.” If you have any ideas for words that sound like “tango”, please let me know! (I picked up the word “単語”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「この単語を覚える(このたんごをおぼえる)」memorize this word
「辞書でこの単語を調べる(じしょでこのたんごをしらべる)」look up the word in the dictionary
「その単語の発音の仕方(そのたんごのはつおんのしかた)」how to pronounce the word
【1月16日】
A: What is the Japanese word for “tango“?
B: “Tango” is also「タンゴ」in Japanese.

Are you happy?

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “発表(happyou)” The pronunciation of “happyou” sounds like “happy your”. So how about memorizing the word”発表(happyoun)” with “Make a presentation of how happy your school life is.” If you have any ideas for words that sound like “happyou”, please let me know! (I picked up the word “疑問”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「僕は皆の前で発表するのが恥ずかしい」I am embarrassed to do a presentation in front of everyone.
「事実は発表されなかった」The facts were not made public.
「2018年ノーベル賞受賞者発表」Nobel Prize Winners for 2018 Announced
「私はそのピアノ発表会に出る予定です」I will perform in that piano recital.

What’s GUI?

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “疑問(gi-mon)” The pronunciation of “gi-mon” sounds like “GUI, mom”. So how about memorizing the word”疑問(gi-mon)” with “What is “GUI, mom? ” “Oh, it means ‘Graphical User Interface’, but you should ask such questions of your teachers!” If you have any ideas for words that sound like “gi-mon”, please let me know! (I picked up the word “疑問”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「私はその措置が合法かどうか疑問に思う」I question whether the measure is legal.
「疑問に答える」provide an answer to the question / respond to the query
「人と協力し合う」cooperate with each other
「Aには疑問がのこる / 疑問の余地がある」A is open to question
「彼の頭の良さは疑問の余地はない/確かだ」He is bright, beyond question.

Oh, boy!

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “応募(ou-bo)” The pronunciation of “ou-bo” sounds like “Oh, boy!” So how about memorizing the word”応募” with “Oh, boy! Why are you applying such a dirty job?” .“ If you have any ideas for words that sound like “ou-bo”, please let me know! (I pick up the word “応募”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「~に応募する」apply for ~
「応募者」applicant
「応募要領」how to apply
「応募用紙を手に入れる」get an application
【1月14日】
“I will apply for the job offer for  oboe in Nagoya symphonic orchestra”
「私は名古屋交響楽団のオーボエ奏者の求人に応募します」