Skip to content

英文和訳道場+(4)

略語表記の怪(快)?!

埼玉県深谷市の中学校が生徒に配布したプリントで「アベの(ノ?)マスク着用!」と書いてしまったことが話題になってます!「政府が支給したマスクの着用を強制するのはおかしい!」という野党議員たちや、「3人兄弟姉妹だったらどうするの?」という一月万冊の清水さんたちの言い分も分かります。あ、清水有高さんや安富歩先生は尊敬すべき立派な知識人です。でも、これはそんな崇高な問題ではなくて、紙面に字数の制約があるプリントなので略語表記をしただけのくだらんことだと藪下は思います。僕を含めたアホな教師が「みんなに配られたはずのあのマスク」と言いたかっただけです。
アフガニスタンを「アフガン」(これは欧米人の怠慢表記もいけない!)と言ったり、インフルエンザを「インフル」と略したりするのに相通じるところがあるような気がします。だって、プリントに「新型コロナウィルス感染症の流行によって国内で発生しているマスク不足を解消するために日本政府が配布したあのマスク」なんて長すぎて書けませんからね。
藪下は簡略表現反対派なのですが、今回の深谷市がやった無神経に思える行為は、ただの「簡略体」で日本中がやってることです。そこには公平性への過度な配慮とか、アベのマスク着用の強要などという深い意図はなかったのではないでしょうかね?とても面白い出来事でした。

英文和訳道場+(3)

英文和訳道場+(2)

英文和訳道場+(1)

話題5

この様に、日本政府の新型コロナウィルスへの対応は後手に回っていて決して成功だとはいえない。でも、不思議なことに死亡率は他国と比べて極端に少ない。その理由はいろいろ言われてる。例えば、他国に比べて日本は清潔だからとか、欧米人に比べてアジア人には遺伝的に免疫があるからだと言う人もいる。でも、死亡率が少ないのはインドも同じで、インドが決して清潔だとは言えない。また、多民族が集まるアメリカではアジア系の人の死亡率は決して低くない。この不思議な状況を「日本の奇跡」と呼ぶのは大げさだが、日本が幸運な国であることは確かだ。
As we have seen thus far, Japan’s handling of COVID 19 cannot be viewed as a success because it was one step behind the situation.  But, strange to say, the death rate is extremely low in comparison with other countries. The reasons for this are said to be the Japanese love of hygiene, that Asians have genetic immunity, and so on.  The death rate in India, however, is also low, and there is certainly not a high level of sanitation in India in most areas.  And in America, the mixed-race nation, Asian persons’ death rate is not low.  It is exaggerating to think of this strange situation as “Japan’s Miracle.” But without doubt Japan has been lucky.

話題4

イタリアはヨーロッパで最初に感染者が見つかった国で、感染爆発が起きた後で都市封鎖と外出禁止を行った。現在は、そのお陰で感染は収まっていて、イタリアの積極的な対策は高く評価されている。しかし、封鎖計画が事前にメディアに漏れてしまい、人々はパニック状態に陥った。また、感染が拡大する直前に、政治家たちは人命と経済のどちらを優先するかの選択で経済を選んでしまい、国民も外出を続けていた。その結果、都市封鎖は遅れ、感染はイタリア中に拡大して、医療が崩壊してしまった。
State your opinion about the difference between western countries and Japan in doing something about COVID-19.  Italy is the fist country the infected person was first found in Europe, and the government announced a lockdown and legal ban on leaving home after pandemic was discovered.  After all of the treatment, the infection is now under control, and Italy’s active treatment is highly valued all over the world.  But the lockdown plan was leaked to the press in advance of the announcement, and people became panicked.  And immediately before the pandemic, the politicians placed priority the economy instead of human lives, and people continued to get out.  As a result, the government took too long to decide on a lockdown, couldn’t stop the spread of infections and the collapse of the medical facilities all over the Italy.
逆に、スウェーデンは個人の自由を尊重し、責任ある行動を徹底することによって、都市封鎖をせず、経済活動と日常生活をできるだけ維持してきた。しかし、ノルウェイやデンマークに比べると感染者数や死亡率は2倍から6倍に達しており、この人体実験は失敗だと言われている。

Sweden, on the contrary, respects individual freedom, lets people behave responsibly, and, thereby, avoids a lockdown maintaining economy and daily life. But the number of people infected and the death rate in Sweden are twice to six times as large as those of Norway and Denmark. So their human experiment is said to be failure.

ドイツはイタリアと同じように厳しい都市封鎖を行った。感染者数はフランスやイタリアとほぼ同じくらいだが、致死率がとても低い。それは、メルケル首相が指導力を発揮して、感染者が出る前から病床やICUを増やし、PCR検査体制を整えたこと(公的機関だけでなく民間機関を利用できるようにしたこと)、感染拡大後は訪問診療を行って医療崩壊を防いだことが功を奏したと言われる。ドイツのメルケル首相だけでなく、台湾、ニュージーランド、アイスランド、フィンランド、デンマーク、ノルウェーのリーダーたちも政治体制のセクショナリズムを超えた決断力と実行力を発揮した。このリーダーたちはみんな女性だ。男性リーダーはシステムの中でしか活動できないことが証明された。
Like Italy, Germany rigidly locked up the country. And the number of people infected is nearly identical to France and Italy, but the death rate is extremely low.  This is because Merkel uses leadership skills. Before the pandemic broke out, she expanded the number of ICUs, consolidates the Coronavirus testing system (she uses both public and civil agencies).  After the pandemic broke out, she adopted go-see medical examinations to avoid the collapse of the medic al facilities. Not only Merkel but also leaders in Taiwan, New Zealand, Iceland, Finland, Denmark, and Norway play leading roles in their infection controls, transcending sectionalism.  These leaders are all female.  Men proved to be only able to flourish in systems or groups.
ヨーロッパの国々と比較すると、日本のコロナ対応はとても遅くて、あまり効果的ではない。実際、日本は感染がかなり拡大した後でやっと非常事態宣言を出した。もう少し早ければここまで感染は広がらなかった。しかも、外出の自粛はあくまでも「要請」で、法律的に強制力はなく罰金もない。だから、宣言後も平日は満員電車で通勤し、休日は感染者が多い東京の市民は、感染者数の少ない町の観光地へと移動する。
Compared to European countries, Japan was late in taking measures against the infection. In addition, they are not effective.  In fact, Prime Minister Abe imposed a state of emergency nationwide considerably after the pandemic was discovered. If he had imposed it a little earlier, the number of infection might have been greatly reduced.  Furthermore, the ban on leaving home was a request, not an order.  It wasn’t enforceability.  So people still commuted in overcrowded trains, going from Tokyo to local tourist spots where there were fewer infected people.
ヨーロッパ諸国の政府が企業に休業を要請する場合、休業補償をするのが普通だ。しかし、日本は補償をしないので、休業を要請されても店は休めない。

If the governments in European countries ask companies to suspend their business operation, they usually make compensation for absence from work. But the Japanese government doesn’t provide compensation. So many shops cannot afford stop their operation.

ヨーロッパの国々と比較すると、日本でのPCR検査数は極端に少ない。総理大臣や専門家はどこかが「目詰まり」していると言ってごまかすが、それが「利権争い」だというこを分かっている。厚労省は既得権益を守るために、厚労省が管轄する保健所や研究所以外の場所でPCR検査をやりたくない。大学や民間機関にも検査機器はある。でも、大学を管轄するのは文科省なので、利権を失いたくない厚労省は文科省に検査を頼みたくない。だから大学は休校中で、検査機器は止まったままで、検査技師は自宅で自粛している。民間機関は厚労省の委託がないと検査ができない。
Japan is conducting far fewer inspections of the infections than European countries are. The Prime Minister and experts evasively say that something is clogged up.  But they know clearly that the vested-interest structure causes the “clogging.”  To protect their established interests, the Ministry of Health, Labor, and Welfare (MHLW) doesn’t want to do the PCR testing by other than public health centers and research institutes that fall under the jurisdiction of the Ministry.  There are certainly much testing equipment in universities and civil agencies.  But universities in Japan are under the jurisdiction of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Because the MHW doesn’t want to lose their interest, they won’t outsource the testing to MEXT. So all the universities are closed, all the testing equipment is not in operation, and all the technicians are laid off. Civil agencies cannot test without permission from the MHLW.
だから、日本では感染者の数が未だにハッキリ分からない。現状が分からないので、有効な対策が立てられない。仕方なく、政治家や知識人は「日本国民は民意の高い立派な民族だから、法律で禁止されなくても自分から外出しない」というバカなことを言う。総理大臣でさえ「みんなが前向きな心で頑張ればこの国難を乗り越えられる」などという精神論しか言わない。
Therefore Japan doesn’t know the accurate figure of how many peopole are infected. As the government and experts cannot perceive the accurate current circumstances, they also cannot develop valid strategies for COVID 19.  So they stupidly say that we Japanese are highly conscious and noble and can stay home without penalty.  Even Prime Minister says that we can get through the misery if we face it in a proactive manner!

大学入試共通テストの英語(28)

大学入試共通テストの英語(27)

大学入試共通テストの英語(26)