Skip to content

Syssy File (23)

瞑想の基礎になってる東洋的な考え方が「心身一如(mind-body unity)」です。つまり、心と身体は1つにつながっているという考え方です。だから、瞑想で「身体」と「呼吸」をコントロールできると、「心」もコントロールできるようになります。言い換えると、目に見えなくてコントロールが難しい「心」ではなく、自由に変えられる「身体」や「呼吸」をまず意識してコントロールすることによって、「心」をリラックスさせたり、集中させることができるようになるわけです。
Meditation is based on the oriental thought, “心身一如” that is “mind-body unity.” In other words, this is the thought that mind and body are related closely. So if you can control your body and breath with the method of Zen, then you can control your mind. In fact, the mind itself is hard to control, but you can become consciously aware of and control your body and breath. By doing so, you learn to unbend your mind and focus your attention.
デカルトが心と身体を切り離してからずっと、心は科学的真理を追究するための装置になってしまいました。科学的にものを考えて、その知識を言葉として蓄えるにはこれで良いのですが、芸術的な創作をしたり、人生を上手く生きるのには役に立ちません。
Since mind and body were separated by Descartes, mind was reduced to a device to pursue the scientific truth. It’s OK with thinking scientifically and storing up this kind of knowledge in the form of words. But not for creating objects of art, or acquiring the art of living a life true to itself.
心と身体が分離した結果、僕らは今この瞬間に五感で経験できる情報よりも、本やネット上にある非体験的な情報、分析や推理の結果得られる情報を重視するようになりました。
The result of division between mind and body is that we have come to attach importance to non-experiential information such as that we get from books and the Internet and from analysis and deduction rather than the information we get from our five senses at any given moment.
僕らの心が体験的で経験的な情報から離れると、心は「今、この瞬間」からも離れてしまいますから、注意が散漫な状態、ぼんやりとして集中力がない状態に陥ります。そうなると、心配しても仕方がないことを心配したり、もう終わったことをくよくよ悩んだりするようになります。この様な「今、この瞬間」から離れてしまって、それに気が付かない状態を終わらせるには、もう1度心と身体とを一つにする必要があります。それを可能にするのが瞑想という方法です
Divided from experiential, empirical information, our mind also will be divided from “at this very moment.” So our concentration will be lost, and our attention will be diminished. We worry over what is no use worrying about, and dwell on what is already over. And to make the matter worse, we are unaware of that. In order to stop this situation, mind and body should be unified again. Meditation is the method by which this can be done.
さて、禅をヨーロッパに紹介した鈴木大拙氏が面白いことを言ってます。
「真理がたとえどんなものであっても、僕らはそれを直接体験することが大切です。真理を会得するのに、知的アプローチや体系的な学説に頼らないことです。後者は細かい技術を扱うのに忙しく、その結果、真理の表面しか理解できず、核心にはなかなか到達できません」
確かに彼の言う通り、現代の学問は専門化・細分化が進んでしまい、追求したい真理の微少な一面しか見えなくなってしまっています。
Daisetsu Suzuki who introduced Zen to Europe mentioned as follows.
“The truth consists in personally experiencing whatever this may be. And not appealing to an intellectual approach or systemic theorization. The latter busies itself with the detail of technique, and is consequently superficial and never leads to the central fact of the matter. “
As a matter of fact, modern studies are headed for specialization and segmentalization, and we can only see part of the truth we are seeking.
でも、ちょっと逆説的なのですが、僕が今ここで瞑想を言葉で体系的に説明しても、瞑想の一面しか理解できません。そこで、瞑想を実際に体験することを提案しようと思います。
Palladoxically speaking, even if I try to explain meditation with words systematically, it can reveal only part of meditation. So I will give you
a suggestion! Why don’t you experience meditation directly.

Syssy File (22)

ふざけるな」と聞こえるから、一度聴いてみて。
Conspiracy (Paramore)
Please speak softly
お願いだから、大きな声を出さないで
For they will hear us
あいつ等に聞こえるから
And they’ll find out
Why we don’t trust them
それに、何故あいつ等のことが信じられないか、分かっちゃうから
Speak up dear
もうちょっと大きな声で話してよ
Cause I cannot hear you
よく聞こえないから
I need to know
Why we don’t trust them
何故、あいつ等のことが信じられないか、知りたいの

 

Syssy File (21)

Misguided Ghosts(3)
浮遊霊
Oh you are not useless
あんたが頼りにならないってわけじゃないよ。
We are just
あたしらは2人とも
Misguided ghosts
ただの浮遊霊だから
Traveling endlessly
ずっとこのまま、さまよっている
*You are not uselessは「あんたが無能なわけじゃない」が原義。ニヒリズムに陥ってる僕らを、君が救えないからと言って君が悪いわけじゃない、と言っている。古い「真理」や「神」から逃げて、その代替物を求めて僕らは終わりのない彷徨を続ける。
“You are not useless” means “That is not to say that you are lacking in ability.” We both have just fallen into nihilism. But it is not your fault at all. We are now traveling for the purpose of finding new values.
The ones we trusted the most pushed us far away
あたしらは、一番頼りにしていたものに見放されたんだ
And there’s no one road
どっちへ行ってもいいんだし、(進むべき道は1つじゃない)
We should not be the same
あたしらは同じ方へ行かなくてもいい。
But I’m just a ghost and still they echo [over] me
でも、あたしは幽霊だから、やっぱり信じていたものが頭に蘇る。
They echo [over] me in circles
それが何度もあたしの頭に繰り返し蘇る。
*the ones we trustedは一度否定した理想や真理や神のことで、それがウソだと分かった。次のtheyはthe onesの代名詞化。古い価値観や神を、グループが分裂した時に出て行った仲間に置き換えても意味が通る。パラモアがどこまでニヒリズムを意識してこの歌を作ったのか分からない。でも、ニーチェをよく読んでいたシッシーがパラモアの大ファンなので、意識していないはずがないと思う。
*echoが他動詞だと、echo meはrepeat after meと同じで、「私を真似ろ」という意味になるので、他動詞じゃない。だから、A echo over Bの自動詞で、overの省略と考えて「AがBに反響する」。多分、上のthey (roads) follow meと重ねるためにoverを省略した。
“the ones we trusted” means the old values or God that we’ve once refused. “The ones” will be pronominalized to “they” in the next phrase. “The ones” can mean the members who left their band group. I don’t think Hayley made this song without regard to nihilism. Because Paramore is the band Syssy is crazy about whose well-beloved books are Nietzsche’s. “echo” isn’t used as a transitive verb. If so, “echo me” is the same as “repeat after me.” Probably “over” is left out.

Syssy File (20)

Misguided Ghosts(2)
浮遊霊
Now I’m told that this is life and pain is just a simple compromise
それが人生だと教わった。痛みをほんのちょっと我慢すれば
So we can get what we want out of it
欲しいものが手に入る。(痛みに耐えれば生きて行ける)
Would someone care to classify our broken hearts and twisted minds
本当は、誰かがあたしらの傷ついて、ねじれた心を癒やしてくれればいいのだけど
So I can find someone to rely on and run to them
そんな頼れる誰かを見つけられたら、そっちへ駆け寄ってゆくのに
Full speed ahead
全速力で駆け寄ってゆくのに
*wouldは仮定法だから、誰も癒やしてはくれないと言っている。癒やしてくれるものがあれば直行するのだけれど、いないと言っている。
*classifyは「分類する」だけど、この場合は「混沌とした状況を整理する」→「問題を解決する」→「傷ついた心を癒やす」。
*someoneをtheyで受けてる。文法的には間違ってるけど、前のrun from themに合わせてrun to themにしたかった。
*永劫回帰の苦痛や不安を我慢すれば、人生を生きては行けるのだけど、僕らは今までとは違う「真理」を求めてしまう。それによって苦痛や不安が癒やされることを願う。だけど、一度壊してしまったものは元には戻らない。
“classify” usually means “divide into classes”, but in this case “set chaos in order” → “clear  the  problem” → “heal  the hurt mind.” “Someone” is pronominalized to “they.” This is grammatically incorrect. But this can make a similar figure to “run  from them” in the previous phrase. If we endure the pain or anxiety from eternal return, we can squeeze through. In fact we cannot help but think when we had “God” or the old “concept of values” and chase after new ones. We do hope to fill our empty hands with comfort. But something broken cannot be recovered.
*パラモアはよく”pain”をテーマにする。それは人の行為や言葉、失恋などの「苦痛」よりも、永劫回帰の「苦痛」を言ってる。僕らが信じてきた古い価値観は正しくなかった。でも、それに代わる新しい価値観を見つけないと、心はねじれて傷ついて、上手く生きてはいけない。そんな新しい価値観を見極めるための「目」がBrand New Eyesかな。
Paramore deals with “pain” in their music. It is not from others’ deed or words but from eternal return. We know that our old set of values was not correct. But we cannot live without new values instead, having broken hearts and twisted minds. With “Brand New Eyes”, we could find out these new ones.

Syssy File (19)

Misguided Ghosts
浮遊霊
*misguided climberで「方向を失った登山者」。浮遊霊はwandering ghostだけど、方向を失って彷徨っているという意味では同じ。
“misguided climbers” means “lost climbers.” “浮遊霊” should be translated into “wandering ghost,” but these two words have almost the same meaning.
I am going away for a while but I’ll be back don’t try and follow me
ちょっと姿を消すけど、また顔を出すから、ついて来なくてもいいよ
‘Cause I’ll return as soon as possible
急いで戻ってくるから
returnはニーチェのeternal returnを思わせる表現。パラモアはreturnを次でcircleにつなげている。このcircleという言葉をパラモアは何度か別の曲でも使ってる。それ以外の歌詞はあまり意味がない。
return” implies Nietzsche’s eternal return. “returrn” will be changed to “circle” in the next phrase. Paramore uses the word ” circle” in another song several times. Otherr words in this phrase have no meaning.
See I’m trying to find my place and it might not be here where I feel safe
自分の居場所を探している。今いるところは落ち着ける場所じゃないかもしれない。
We all learn to make mistakes and run from them
あたしらは皆んな、間違いを犯して、それから逃げられるようになる。
mistakesとは既存の価値観や宗教を僕らが信じて来たこと。その間違いから逃げられるというのは、今まで正しいと思っていたものや神を否定すること。そうなると、世界には何の真理も理想も、神さえもいなくなり、すべてが無目的で偶然の出来事の無限の繰り返し(eternal return)になる。
Mistakes” mean that we believe in existing values and religions. “Run from the mistakes” suggests the denial of them. Then there is no truth, ideals, or even God. Everything in this world is a repeat of aimless, casual incidents, namely eternal return.
With no direction
どっちに逃げてよいか分かんないけど
We’ll run from them
あたしらは皆んなそれから逃げてゆく
With no conviction
これでいいのか分かんないけど
*でも、この「永劫回帰」は頼るべきもののいない、不安で苦痛な人生。神や道徳が今までは進むべき道を決めてくれてたけど、それがなくなると、どっちへ行ってよいのか、また自分で決めた方向が正しいのか分からない。信じるものがないと、僕らは虚無感に襲われ、ニヒリズムに陥る。
But the state of “eternal return” is a painful, anxious, and helpless life. The rules of God or ethics have given us the route we should take in our whole life. If we lose them, we have no idea which way to go. Even if we choose one, we cannot determin if it is right or wrong. Without anything to rely on, we are gnawed by a sense of emptiness and fall into nihilism.
‘Cause I’m just one of those ghosts
あたしも幽霊の一人だから
Traveling endlessly
あてもなく、さまよっている
Don’t need no roads
道なんか必要ない
In fact they follow me
道があたしの後ろにできる
And we just go in circles
あたしらはただそれを繰り返している
*ここでreturnをcircleと言い換えている。進むべき道は自分で決めないといけないので、自分の前には道はなく、自分の後ろに道ができてゆく。
Paramore changes “return” to “circle” here. We should determine which way to go ourselves. So there is no way ahead of us, but it appears behind us.
続きは今度

Syssy File (18)

この曲は、最初に聴いた時は、自分のやり方を押しつける彼に対して、彼女が三行半を突きつける歌に聞こえます。ああしろ、こうしろと指図する彼に嫌気がさして、その指をへし折るわよと叫んでる彼女。
When you first listen to this song, you may think it is a song about a girl who is arguing over breaking up with her boyfriend who will force his policy on her. She raises her voice and says that she will bend back and break off his finger because he orders her around.
でも、それとはちょっと違うと思わせる部分が曲中にいくつかあります。先ず、言いたいことは最初に来ますから、最初の歌詞に注目します。
But there are some parts in this song that implies it is not. Firstly, what one wants to say is located in the first part, so we pay attention to the first part of the song.
Can’t make my own decisions
Or make any with precision
あたしは自分のやりたいようにやるんだから!
いつでも、ちゃんと自分で考えてやりたいのよ!
decisionとprecisionに韻を踏ませてますから、ちょっと分かりにくいのですが、これは「既存の権威や価値観には従わないぞ」という宣言に受け取れます。次にこう続きます。
“Decisions” and “precision” are rhyming words. So these lyrics are hard to understand. But we can interpret them as meaning that she won’t obey existing authorities or value judgements. The song continues as follows.
You don’t deserve a point of view
If the only thing you see is you
あんたには、あたしが言いたいことは難しくて(高尚すぎて)分かんないだろうけどね
あんたは自分のことしか考えてないんだから
メディアが垂れ流すステレオタイプの価値観や権威主義を否定するあたしのことを、あんたには理解できないだろうといいます。なぜなら、物事を相対的に見れないから、自分のヘソしか見てないから、と言ってます。これはちょっと痴話げんかの内容じゃないですね。そして、曲の題名になってる名詞が出てきます。
I just give a thumbs down to stereotypical values and authoritarianism which are reported in the media as uncontrolled effluent. But it is difficult for you to understand me. Because you can’t relativize things any more. “The only thing you see is you,” she says. This is not a kind of lovers’ quarrel. And then the noun, “Playing God”, which is the name of the song, appears next.
If God’s the game that you’re playing
Well we must get more acquainted
もしあんたが神様ごっこをやってるのなら
あんたは、あたしのことをよく分かってないわね
*we must get more aquaintedは「わたしたちはお互いをもっとよく知る必要がある」が原義。
Because it has to be so lonely
To be the only one who’s holy
だって、神様は死んだんだから。
*「神になるには、孤独でないといけない」が原義。lonelyとholyをかけているのでこうなってるけど、言いたいことはニーチェ。
「ごっこ」というのがミソです。パラモアは「嫌いな彼」を「ゲームをしてる神」と捉えてるわけです。これはスゴイことです。これは一種のホーリズム(Holism)です。
キリスト教は、全ての出来事を神が定めた必然的な結果だと考えました。これは、権威者が独断的に価値観や真理を押しつけることと同じです。ちょっと視点を変えると権威者がやってる「神的で孤独なゲーム」だと言い換えられます。これがパラモアのいうPlaying Godの意味だと思います。でも、実際に人生で起こることは全て偶然で、目的も始点もなく、ただ繰り返される「永劫回帰」だとニーチェは言います。彼は「真理」も「理想」も「神」も否定します。僕らのやっていることは「人間的で集団的なゲーム」です。
The point of this song is that Paramore takes “asshole” as “the God playing the game.” This is amazing! This is a kind of “Holism.” Christians believe that every result of human deeds inevitable governed by God. This is the same thing as authority figures did. They force their ideas and values on us. From a different point of view, this is “Playing God” Paramore says. Actually things that occur in our lives are all inevitable, without purpose or beginning–what Nietzsche called just “eternal return.” He denied “truth,” “ideals,” or “God.” According to him, this is “a humanistic mass game. “

Syssy File (17)

Playing God
神様ごっこ
Can’t make my own decisions
Or make any with precision
あたしは自分のやりたいようにやるんだから!
いつでも、ちゃんと自分で考えてやりたいのよ!
*「自分がやりたいことを自分で決められないし、それが確実ではない」が原義。反語的表現だから、上の様にした。make anyは、言うまでもなくmake any desisionsの省略。
Well maybe you should tie me up
So I don’t go where you don’t want me
そうさせたくなければ、あたしを縛っておいた方がいいわね。
そうすれば、あんたがやって欲しくないことをやれないから。
You say that I’ve been changing
That I’m not just simply aging
あんたは私が変わったと言う
賢(さか)しくなっただけじゃないと言うけど
*agingは「老化する」と「成熟する」だけど、ここは高齢化を問題してはいないから後者。
Yeah how could that be logical?
Just keep on cramming ideas down my throat
そんなの言ってることが全然分かんないわ!
あんたは自分の考をあたしに押しつけてるだけじゃないの?
You don’t have to believe me
But the way I, way I see it
あたしのことが分からなくてもいいのよ
でも、これが私のやり方なの。
*believeは「何かを正しいと思う」と言う意味。だから、私の言ってることが正しいと思わなくてもいい、が原義。But the way [that] I see itはBut this is the way I understand itの意味。「これが私の世界の理解の仕方である」ということになる。
Next time you point a finger
I might have to bend it back
今度あたしに(向かって指をさして)何か指図したら
その指をへし曲げるかも知れないわよ
Or break it, break it off
Next time you point a finger
I’ll point you to the mirror
その指をへし折って、引きちぎるかも
今度あたしに(向かって指さして)何か指図したら
鏡をあんたの方に向けてあげるわ
If God’s the game that you’re playing
Well we must get more acquainted
もしあんたが神様ごっこをやってるのなら
あんたは、あたしのことをよく分かってないわね(あたしたちはお互いをよく分かってないわね)
Because it has to be so lonely
To be the only one who’s holy
だって、神様は死んだんだから。
*「聖人になるには、孤独でないといけない」が原義。lonelyとholyをかけているのでこうなってるけど、言いたいことはニーチェ。
It’s just my humble opinion
But it’s one that I believe in
これは、あたしの素朴な意見だけど
あたしはそう思ってる。
You don’t deserve a point of view
If the only thing you see is you
あんたには、あたしが言いたいことは難しくて(高尚すぎて)分かんないだろうけどね
あんたは自分のことしか考えてないんだから
You don’t have to believe me
But the way I, way I see it
あたしの言ってることが分からなくてもいいの
でも、これが私のやり方(生き方)なの。
Next time you point a finger
I might have to bend it back
今度、あたしに(向かって指をさして)何か指図したら
その指をへし曲げるかも知れないわよ
Or break it, break it off
Next time you point a finger
I’ll point you to the mirror
その指をへし折って、引きちぎるかも
今度あたしに(向かって指さして)何か指図したら
鏡をあんたの方に向けてあげるわ
This is the last second chance
(I’ll point you to the mirror)
I’m half as good as it gets
(I’ll point you to the mirror)
これが最後のチャンスよ
(私が鏡のほうを向かせてあげる)
あたしは神様ゲームにはうんざりなんだからね。
(私が鏡のほうを向かせてあげる)
*as good as it getsは「これ以上良いことはない=最高の状況」が原義。itをplaying Godにもかかていると考えると、こう言う訳になる。
I’m on both sides of the fence
(I’ll point you to the mirror)
Without a hint of regret
I’ll hold you to it
あたしは神的で一方的な物の考え方が嫌いなの。
(鏡をあんたの方に向けてあげるわ)
ためらわすに
あんたを鏡に押しつけてやる
*both sides of the fanceは「フェンスの両側」が原義。一方だけじゃなく両方の立場に立てると言いたい。
コメントは明日

世界はほしいモノにあふれてる?!

「~にあふれている」というのは、例えば「駅のコンコース(concourse)に人があふれている」(あるいは、駅のコンコースは人であふれている)のように使います。「場所に人や物があふれている」(あるいは「場所は人や物であふれている」というわけです。欲しいものがいっぱいあるのなら「世界は欲しいものであるれている」と言わないとダメです。
だから「世界はほしいモノにあふれてる」という表現は誤りです。どこにあったのかというと、NHKの番組タイトルです。気が付いたのは、デンマークで日本語を勉強している中学生のジェナさんです。日本語を教えてる者として、NHKにこれをやって欲しくはなかったですね。だって、NHKの使う日本語は模範的標準語のはずでしょ?あ、もうこの矜恃は持ち合わせてはいないのですかね?それなら、くだらない民放と変わらないじゃないですか?だったら、視聴料を取らずにスポンサーを探しなさい!

syssy File (16)

It’s just a spark
ほら、そこで光ってる
But it’s enough to keep me going
でも、それに気が付いただけでで十分これから生きて行ける
So if I let go of control now, I can be strong
そう、青い鳥を追うのを止めたら、あたしは強くなれる
And when its dark out, no ones around
全く先は見えなくて、頼れる人は誰もいなけど
It keeps glowing
すぐそばで煌めいている幸せを、今は感じる
It’s just a spark
ほら、そこで光ってる
But it’s enough to keep me going
でも、それに気が付いただけでで十分これから生きて行ける
So if I keep my eyes closed with a blind hope
そう、かたく目を閉じていても
* with a blind hopeは強調。
And when its dark out, no ones around
暗くなって、誰もいなくなっても
It keeps glowing
すぐそばで煌めいている幸せを、今は感じる

サーバ移転のお知らせ

「薮下研究室」を学校のサーバから外へ出します。
移転先のURLはhttp://yabuken.sakura.ne.jp/です。
しばらくはこちらも残しますが、今後更新はしませんし、すぐ削除する予定です。
新しい方を登録をしてくださいね。