Skip to content

Vintageはクソ参か?!(27)

前回からVintageに載っている128の説明について考えています。
メアリは一緒に働きやすい。
It is easy to work with Mary
形式主語Itの真主語はto work with Maryですから、「メアリと一緒に働くこと」をeasyだと判断しているのが分かります。この easy は「物事」の判断ですからルール通りです。
メアリは一緒に働きやすい。
Mary is easy to work with.
でも、このように「人のMary」を主語にすることはルールに違反するはずですが、この英語は正しい表現です。どうしてかというと、次の条件を満たしているからです。
①不定詞句の末尾に人主語を入れて文が成立する
②easy to work withが「物事の判断」から「人の性質」になる
それではいくつか例を挙げて①、②の条件を満たしているかどうかみてみましょう。
⊿彼はだまされ易い。
He is easy to deceive.
①→to deceive him
②「だますのが簡単」ではなく「(話者から見て)だまし易い→(彼は)だまされ易い」
⊿彼は手強い相手だ。
He is tough to beat.
①→to beat him
②「打ち負かすのが難しい」ではなく「手強い」
⊿彼女は頑固な性格だ。
She is difficult to please.
①→to please her
②「喜ばせるのが簡単」ではなく「頑固だ」とか「頭が固い」
⊿彼女は話しかけやすい人だ。
She is easy to talk to.
①→to talk to her
②「話しかけるのが簡単」ではなく「話しかけやすい」
ですから、前回も書いたように「(メアリーは)一緒に働くのが簡単である→働きやすい」と発想すること自体が誤りなわけです。あ、不定詞句の末尾に主語を入れて文が成立するのは、「物主語」でも同じです。こんな具合です。
⊿この問題を解くのは僕には簡単だ。
This problem is easy for me to solve.
→to solve this problem
⊿このペンは僕には書きにくい。
This pen is difficult for me to write with.
→to write with this pen
「快不快・難易・安全危険・不可能の意味の形容詞」をまとめておきます。これはVintageの「整理して覚える014」<A is +形容詞+to do>の形で用いられるおもな形容詞と同じですが、Vintageは「整理して覚える009」も同じ形で用いられることに気がついていないのがおバカですね。
「難易」difficult, hard, tough ⇔ easy
「危険・安全」dangerous ⇔ safe
「快不快」comfortable ⇔ uncomfortable
「不可能」impossible

Vintageはクソ参か?!(26)

今回はVintageに載っている128の説明について考えます。先ず「メアリーは一緒に働くのが簡単である」という日本語がいけません。
▲「(メアリーは)一緒に働くのが簡単である→働きやすい」という文意が英文の骨格となる。「メアリーと一緒に働く」はwork with Mary。そのMaryが主語になっている点に注意。127で学習した形容詞の限定をする副詞用法だが、127と違い、前置詞withが文末に残る点に注意。
「メアリーは簡単だ」という日本語はありません。なぜこの日本語が間違っているかというと、「簡単だ」はあくまで「メアリーと一緒に働くこと」を判断した形容詞であって、メアリーを判断したものではないからです。分かり易く説明しようという著者の気持ちは分かりますが、ウソを言ってはいけません。
そもそも「快不快・難易・安全危険・不可能の意味の形容詞」は物事に対する判断を表現するときに使います。こんな具合です。
この問題を解くのは僕には簡単だ。
This problem is easy for me to solve.
=It is easy for me to solve this problem.
「問題」に対して「簡単だ」とか「難しい」という判断を下すのであれば、それは正しい表現です。普通は人に対して「簡単だ」とか「難しい」とは言いません。そして、128のように前置詞を文末に残したいのなら、こうなります。
このペンは僕には書きにくい。
This pen is difficult for me to write with.
=It is difficult for me to write with this pen.
やっぱり「このペン」に対して「簡単だ」とか「難しい」という判断を下しています。どちらも形式主語で書き換えることができます。でも、人を主語にして人に対する判断にしてはいけません。こんな具合です。
この問題を解くのは僕には簡単だ。
I am easy to solve this problem.(×)
このペンは僕には書きやすい。
I am difficult to write with this pen.(×)
でも、「人」に対してeasyやdifficultが使える場合が例外的にあります。それがVintageの設問128なのです(それさえVintageは説明していません)。こんな具合です。
メアリは一緒に働きやすい。
Mary is easy to work with.
=It is easy to work with Mary
形式主語Itの真主語はto work with Maryですから、「メアリと一緒に働くこと」をeasyだと判断しているのが分かります。このeasyは「物事」の判断ですからルール通りです。でも、Maryを主語にすることはルールに違反するはずです。では、どういう場合にこのルール違反が容認されるのかというと、次の条件を満たす場合です。
①不定句の末尾に人主語を入れて文が成立する
②easy to work withが「物事の判断」から「人の性質」になる
長くなったので、続きは次回です。

Vintageはクソ参か?!(25)

久しぶりの「クソ参」シリーズです。イタリア人のシッシーに日本語を教えていて、試験のある2月14日まではしばらくそっちにかかり切りになりそうなので、更新が遅れるかも知れません。
さて、前回は126を副詞用法に分類するなんて、日本の英語教育は変じゃないのかという話をしました。今回は125と126を比べてみようと思います。
125 そんな危険なジャンプに挑戦するなんて、彼は気が変だったに違いない。
He must have been crazy to try such a dangerous jump.
=It must have been crazy of him to try such a dangerous jump.
126 昨夜、玄関の鍵を開けっ放しにしておくなんて、彼女は不注意だった。
She was careless to leave her front door unlocked all last night.
=It was careless of her to leave her front door unlocked all last night.
それぞれ赤い方が出題されていますが、2つとも「性質のof」の問題です。つまり、「It is+人の性質を表す形容詞+of 人+真主語のto~」で表現できるタイプです。これは「人is +形容詞+判断根拠のto~」に書き換えられます。
なぜVintageはこの全く同じ問題を別々にしたのかというと、125が判断の根拠を表す不定詞の副詞用法で、126が形式主語Itを受ける真主語になってる不定詞の名詞用法だからでしょう。これもバカな思い違いなのですが、ここまでは前回までに「クソ参認定」された部分です。薮下が分からないのは、なぜ126では「It is+人の性質を表す形容詞+of 人+真主語のto~」を「人is 形容詞+判断根拠のto~」に書き換えているのに、125ではそうしなかったのかということです。Vintageは126の解説でこう書いています。
▲It was careless of herで「彼女は不注意だった」という判断を下し、to leave~でその判断の根拠を示している。She was careless to leaveとしても同意。
何度も言いますが、to leave~は判断の根拠を示す副詞用法ではありません。これは真主語の名詞用法です。ま、それは置いとくとして、Vintageの著者はなせ125の説明で次の様に書かなかったのでしょうか?
▲It must have been crazy of him to try such a dangerous jump.としても同意。
見開き左側にある「整理して覚える013 人の性質や性格を表すおもな形容詞」のリストの中に、125のcrazyも126のcarelessも含まれているのだから、当然どちらも人主語でも形式主語でも表現できます。なのに125でそう書かなかったのは、もしかするとVintageの著者はこのことが分かってなかったのかも知れませんね!!

sun tan!

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “単語(tango)” The pronunciation of “tango” sounds like “tan go”. So how about memorizing the word”単語(tango)” with “The word is if you want a tan, go to the beach.” If you have any ideas for words that sound like “tango”, please let me know! (I picked up the word “単語”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「この単語を覚える(このたんごをおぼえる)」memorize this word
「辞書でこの単語を調べる(じしょでこのたんごをしらべる)」look up the word in the dictionary
「その単語の発音の仕方(そのたんごのはつおんのしかた)」how to pronounce the word
【1月16日】
A: What is the Japanese word for “tango“?
B: “Tango” is also「タンゴ」in Japanese.

Are you happy?

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “発表(happyou)” The pronunciation of “happyou” sounds like “happy your”. So how about memorizing the word”発表(happyoun)” with “Make a presentation of how happy your school life is.” If you have any ideas for words that sound like “happyou”, please let me know! (I picked up the word “疑問”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「僕は皆の前で発表するのが恥ずかしい」I am embarrassed to do a presentation in front of everyone.
「事実は発表されなかった」The facts were not made public.
「2018年ノーベル賞受賞者発表」Nobel Prize Winners for 2018 Announced
「私はそのピアノ発表会に出る予定です」I will perform in that piano recital.

What’s GUI?

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “疑問(gi-mon)” The pronunciation of “gi-mon” sounds like “GUI, mom”. So how about memorizing the word”疑問(gi-mon)” with “What is “GUI, mom? ” “Oh, it means ‘Graphical User Interface’, but you should ask such questions of your teachers!” If you have any ideas for words that sound like “gi-mon”, please let me know! (I picked up the word “疑問”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「私はその措置が合法かどうか疑問に思う」I question whether the measure is legal.
「疑問に答える」provide an answer to the question / respond to the query
「人と協力し合う」cooperate with each other
「Aには疑問がのこる / 疑問の余地がある」A is open to question
「彼の頭の良さは疑問の余地はない/確かだ」He is bright, beyond question.

Oh, boy!

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “応募(ou-bo)” The pronunciation of “ou-bo” sounds like “Oh, boy!” So how about memorizing the word”応募” with “Oh, boy! Why are you applying such a dirty job?” .“ If you have any ideas for words that sound like “ou-bo”, please let me know! (I pick up the word “応募”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「~に応募する」apply for ~
「応募者」applicant
「応募要領」how to apply
「応募用紙を手に入れる」get an application
【1月14日】
“I will apply for the job offer for  oboe in Nagoya symphonic orchestra”
「私は名古屋交響楽団のオーボエ奏者の求人に応募します」

Vintageはクソ参か?!(24)

先日、卒業生の車戸君と会ったときに、「Vintageはクソ参か?!」の話題になりました。なぜ日本の英文法問題集はIt – of – toを副詞用法扱いするのだろうね?と彼に水を向けると、あっさりと彼はこう答えました。
⊿玄関の鍵を一晩中開けっ放しにしていたなんて、彼女は不注意だった。(126)
It was careless of her to leave her front door unlocked all last night.
=She was careless to leave her front door unlocked all last night.
⊿日本人が英語を学ぶことは容易ではない。(120)
It is not easy for Japanese to learn English.
=English is not easy for Japanese to learn.
「~するなんて」というのは「理由」だから副詞、「~すること」というのは「主語」だから「名詞」だと思ってるんじゃないですか?
あ、そういうことか!と合点がいきました。文法問題集の著者たちは、日本語で問題を分類していたのですね!それ、おかしいでしょ!英語で分類せずに日本語で分類してどうするのですかね。こんな国で何年勉強しても英語が身に付かないのがよ~く分かりました。それにしても、車度君!やっぱり君はかしこいですね!

Where is the key?

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “協力(kyou-ryoku)” The pronunciation of “kyou-ryoku” sounds like “key your oak”. So how about memorizing the word “協力” with “The key [is on] your oak desk.”? If you have any ideas for words that sound like “kyou-ryoku”, please let me know! (I pick up the word “協力”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「協力して~する」do something hand in hand
「人に協力を求める」ask for人’s cooperation
「人と協力し合う」cooperate with each other
「人と協力できない」cannot go along with人
「協力関係」cooperative relationships

Vintage以外の英文法問題集

Vintageをやる気が湧いてこない子たちのために「Vintage以外の英文法問題集」を探すと約束をしてました。まだ鼻風邪が抜けないのですが、もうすぐ学校が始まるので、今日探しに行ってきました。名駅の直ぐ隣にできたゲートタワーというビルがあって、その中に三省堂が入ってます。そこで探しました。あ、実はその前にジュンク堂という本屋にも寄ったのですが、英文法問題集は1冊もありませんでした。学習参考書って売れないんですね!でも、さすが三省堂!本箱1つ分に英文法関連書がずらりと並んでます。
いいずな書店はVintage以外にも「Engage」という英文法問題集を出しています。桐原書店は「NextStage」以外にも「PowerStage」というのを出してましたが、「Engage」も「PowerStage」も瓜生豊さんが書いてます。そう言えば彼は河合塾の講師です。あとは受験サプリの英語講師で関正生さんが「英文法ポラリス」というのを出していました。他にも色々あります。
結論から先に言うと、どの説明もVintageと五十歩百歩でした。どれもIt-for-toを名詞用法に、It-of-toを副詞用法に分類してます。これって、もしかすると薮下の頭がおかしいのでしょうか?それとも、この国の英文法問題集の解説がweirdなのでしょうか?なんだか猿の惑星に迷い込んだチャールストン・ヘストンの気分です(分かんないよね!)。