Skip to content

英語って、主語がなくてもいいんです!(6)

今回はいわゆる曲の「寂(サビ)」の部分です。
Ever just the same
Ever a surprise
Ever as before
Ever just as sure
As the sun will rise
全部Everから始まっていて、やっぱり主語がありません。あ、最後の文はas S+Vの副詞ですから、主語があります。さて、Everから始まる文の主語は何だか分かりますか?サビというのは曲の中で一番印象的で盛り上がる部分なわけですから、この曲の「テーマ」、愛が歌い上げられてるはずですよね。こんな具合です。
Love is ever just the same.
Love is ever a surprise.
Love is ever as before.
Love is ever just as sure as the sun will rise.
副詞のeverは肯定文で使うとalwaysと同じで「いつも」の意味になります。こんな具合です。
彼女はいつもすぐにメールの返事を返す。
She is ever quick to respond.
=She is always quick to respond.
でも、この肯定文のeverは今は歌の中くらいにしか出てきません。普通はalwaysを使います。そして、just the sameの後ろにはas it has always beenが隠れています。これも全部書いてしまうとカッコ悪いので普通は書きません。では、これだけのことを考え合わせて和訳してみましょう。あ、Love is…を「愛は・・」と訳しても良いのですが、「人を愛すること」とか「人を好きになること」の様に、動詞を名詞化した方がキレイです。
人を好きになることは今までもこれからもずっと変わらない。
Love is ever just the same as it has always been.
人を好きになることはいつも突然でハッとする
Love is ever a surprise.
さて、ここまでは良いのですが、次の歌詞は英語になりません。副詞のjustやas beforeを消してしまえば分かります。
Love is just the same.
Love is a surprise.
Love is??.
ほらね!Love isで文が終わってしまってます。さて、どうしましょうか?それは次回のお楽しみです。

英語って、主語がなくてもいいんです!(5)

先を読んでみましょう。
Just a little change
Small to say the least
Both a little scared
Neither one prepared
Beauty and the Beast
最初の歌詞の主語が何だか分かりますか?今までは「美女と野獣」と「愛」でしたね。でも、それでは上手くゆきません。覚えてますか?省略で一番多いのはit isとthere isだったよね。忘れた子はここを見直しておいてください。
It is just a little change
It is small to say the least
They are both a little scared of the change.
Neither one of them is prepared of the change
Beauty and the beast
ほらね!It isを補えば上手くゆきます。省略がよく分からないときは、it isかthere isを入れてみることです。このItは直前の文の内容を指しています。こんな具合です。
すぐに、どちらかが(どちらかを)好きになる。
Then somebody bends unexpectedly.
それは本当にちょっとした心の変化。
It is just a little change.
次の歌詞もIt isの省略なのですが、itが指しているのは今の文に出てきたthe little changeです。もちろん「変化」というのは「相手を好きになること」です。to say the least of it は「控えめに言っても」が原義ですが、要は強調です。「あの子、控えめに言っても美人」=「あの子はとてもキレイ」ということです。
それはとても小さなこと。
It is small to say the least.
A is a little scared to Bは「AはBをちょっと怖がっている」です。to以下は省略されてますが、やっぱりthe little changeに対する気持ちを言ってるのが分かります。そして、「あ、好きになっちゃった?!どうしよう?!」という感情は「恐怖」じゃなくて「当惑、心配、戸惑い、慌てふためき」辺りの日本語が良さそうです。
二人とも慌ててしまう。
They are both a little scared of the change.
A is not prepared to Bは「AはBに対する心の準備ができていない」です。でも、ラブ・ソングですから「好きになるとは思わなかった」が良いでしょう。
どちらも相手のことを好きになるなんて思ってもいなかった。
Neither one of them is prepared of the change.
どうですか?こうして和訳すると、ちょっとラブ・ソングっぽくなってきたでしょ!
ちなみに、人生は唐突に終わりますから、その時になって慌てたりしないように、今ちゃんとやりたいこと(犯罪を除く)をやってくださいね!あ、田原さん!頑張って。石破さん!応援してます。

英語って、主語がなくてもいいんです!(4)

taleは「物語」ですから、パッと見「美女と野獣」の物語を指しているように思えます。実際に、サイトに載ってる和訳の大半が「美女と野獣の物語は昔から語り伝えられた本当のお話」みたいになってます。でも、どう考えてもこれが実話のはずないですよね。だって、美女と結婚できるまでは醜い野獣の姿に変えられてしまった王子のストーリでしょ?これは「本当の話」じゃなくて「お伽話」です。
主語のLove isが省略されている文を3つ並べてみます。
Love is a tale as old as time,
Love is a tune as old as song.
Love is a song as old as rhyme.
こうしてみると、「愛の物語=tale of love」「愛の調べ=tune of love」「愛の歌=song of love」を上手く歌詞の中に織り込んで使っているのが分かります。そして、oldは前回考えたように「前からずっと馴染みのある」ですから、和訳するとこうなります。
愛は人が「時」を意識するようになってからずっと当たり前のように物語られてきた。
愛は人が「歌」を歌うようになってからずっと当たり前のように口ずさまれてきた。
愛は人が「詩」をつくるようになってからずっと当たり前のように吟じられてきた。
能動態の方が日本語的だと思います。英語は物を主語にするので日本語っぽくなりませんでしたよね。こんな具合です。
人は「時」を意識するようになってからずっと当たり前のように愛を物語ってきた。
人は「歌」を歌うようになってからずっと当たり前のように愛を口ずさんできた。
人は「詩」をつくるようになってからずっと当たり前のように愛を吟じてきた。
あ、「美女と野獣」のストーリの中にこんな場面が出てきます。
王子「君は僕がひどく醜い顔をしていると思ってるだろう」
ベル「本当ね。あっ、あたしはウソが苦手なの。でも、あなたってとってもいい人よ」
王子「僕は醜いだけじゃなく頭も悪い。ただのアホだと自分でもよく分かってる」
ベル「バカなはずはないわ。だって、本当のバカは自分がバカだって分からないもの」
これってちょっとソクラテスっぽいですね。アテネには相手を言い負かすことでお金を稼いでいたソフィストという人たちがいて、人を欺くために語り、お金のために本を書くだけで、世のためにならないと考えたソクラテスは、ソフィストや彼らにかぶれてる若者たちと対話しながら論破して「おまえたちが一番アホだ!知ったかをやってると知識など身につかない。人は自分の無知を謙虚に自覚したときに賢くなるんだぞ!」と言って回ります。でも、若者をたぶらかした罪で捕まって殺されてしまいます。

英語って、主語がなくてもいいんです!(3)

主語が省略されていたら、先ず考えないといけないのが、物語の登場人物です。「竹取物語」なら、かぐや姫と翁です。じゃあ、「美女と野獣」ではどうでしょうか?当然、美女と野獣、つまり「美しい娘ベルと王子様」です。そして、「美女と野獣」はSFアクション映画なんかじゃなくてラブ・ストーリですから、テーマは「愛」。こう考えて「美女と野獣」の歌詞を読むと、省略されている主語が浮かび上がってきます。こんな具合です。
Love is a tale as old as time.
Love is true as it can be.
They are barely even friends.
Then somebody bends unexpectedly.
ほらね!テーマの「愛」と、主役の二人を補ってやると、完全な英語になりました。主語だけじゃなくて動詞もありませんでしたね。つまり、この歌詞は目的語(O)と補語(C)でできているわけです。そして、この歌詞の持ってる魅力の1つがこのOC構成にあると薮下は考えます。SVなしのOC構成です。じゃあ、和訳してみましょう。
愛は時と同じくらい古い物語
愛は紛れもない真実
二人はまだやっと知り合ったばかりなのに、
すぐに、どちらかが(どちらかに)心を惹かれる
詩を解釈するのは、ウケなかったギャグの説明をするようなものだから、野暮ったい(カッコ悪い)のですが、ちょっとやってみます。timeは人間が物を見たり考えたりするときの1つの枠組みです。timeがあるので僕らの考えに秩序が生まれ、整理されます。ま、プラトンに言わせると、僕ら人間はtimeという洞窟に閉じ込められているようなもので、洞窟の壁に映る影しか見えないわけです。カレンダー(暦)が四季の移り変わりや天体の運行、それにまつわる人間の祭礼全部を仕切ってますから、それだけ「当たり前のもの」なわけです。「太陽が東から昇る」という件(くだり)が、歌詞のもっと先にでてきて「時」と比較されます。ここから分かるのは、人を好きになるのは太陽が東から昇るくらい当たり前のことで、時間という枠組みを人間が持っているように当然のことだ、と言ってることが分かります。だからoldは「古い」というよりも「前から馴染みのある」から「よく知ってる」、「当然の」の意味で使っていますね。
さて、次回は「物語」について考えてみます。あ、「友だちとすら呼べない2人が、誰かが変えてしまった。予想もできない方向へ」って訳した子は反省してください。

英語って、主語がなくてもいいんです!(2)

「美女と野獣」の歌詞はこんな具合に始まります。
Tale as old as time
True as it can be
Barely even friends
Then somebody bends
Unexpectedly
ほらね!主語がないでしょ。あ、最後だけは主語のある、ちゃんとした英語になってます。こんな具合です。
突然、どちらかが[どちらかに]心惹かれる。
Then somebody bends [to the other] unexpectedly.
あ、somebodyを「誰かが」とやってしまうと、「美女と野獣」以外の誰かになってしまいます。この歌の登場人物はあくまで「美女と野獣」、「男と女」ですからね。普通ならone of themになってるはずです。さらに、bendも変です。bendは人が主語なら普通は「妥協する」の意味で使います。こんな具合です。
僕はずっと君に遠慮してきたんだからね。
I’ve bent backward for you.
でも、これはラブソングですから、「心を傾ける」から「惚れてしまう」くらいの意味で使っているのでしょう。こんな具合です。
僕は君のことが好きになってしまった。
I have bent my heart to you.
bentが歌の中に出てくると違和感がないのですが、こうやって文にすると変ですよね。こんな状況ではbendは普通は使いません。このsomebody bendsを「誰かが変えてしまった」とか訳すと意味不明です。さて、次回はいよいよ主語のない部分の意味を考えましょう。絶対に「友だちとすら呼べない2人が、誰かが変えてしまった。予想もできない方向へ」なんて訳しちゃだめですよ!

英語って、主語がなくてもいいんです!(1)

よく日本語と英語の違いが話題になると出てくるのが「日本語は主語がなくてもいいけど、英語には主語が必要」という話です。薮下もそう思ってました。でも、「美女と野獣」のテーマソングを聴いてガツンときました。何だこれは?!てなもんです。英語も主語は要らないんですね!というか、主語があると野暮ったくなる(カッコよくない)わけです。ここら辺は、全部は言わない日本の「粋(イキ)」に通ずるところが、ちゃんと英語にもあるんですよ!「アナと雪の女王」の時もそうでしたが、英語の歌詞を使って英語を勉強しよう!という企画がネットに溢れていたのを思い出しますが、「美女と野獣」はそうはいきませんよ!だって、主語がないのだから、そのまま日本語にすると全く何が言いたいのか分かりません。やっぱり「美女と野獣で英語!」と謳ってるサイトに載ってる和訳は全部間違ってました。
話はちがうのですが、今やってるドラマで「トモダチゲーム」というのがあるのですが、そもそも修学旅行費200万円を生徒に管理させて、生徒が自分のロッカーの中に保管するという状況があり得ません。そんなことやってる学校があったら教えて欲しいものです。あ、「警視庁捜査一課9係 」も変です。薮下が見たのがいくつ目のエピソードか分からないのですが、昔ピアニストだった女が、自分と同じような演奏をしてくれる後輩を育てようとする話でしたが、そもそもブーニンやワッツと同じ演奏ができるピアニストのコピーなんて育てられません。ま、ヤマハ音楽教室のレベルなら別ですけどね。スクリプターは音楽が全く分かってないです。それに、犯行現場で香水の臭いに気が付いて、血の臭いに気が付かない「盲目の女の子」も変です。本当にストーリが小学生レベルですね(それ以下?)。見ていてアホくさくなりました。あまりにも素人過ぎやしませんか?視聴率が悪いと主役を張ってる俳優のせいにしますが、いけないのはスクリプターの方だと思うのですがね。今の日本にプロっているのでしょうか?
明日から「美女と野獣」の英語の歌詞で遊びます。お付き合いくだされば幸いです。あ、大吉くん!心配してくれてありがとう。涙が出るほど嬉しかったです。

ジュンペイ君!

ジュンペイ君!きっと質問が来ると思って待っていたのですが、まだ来ないですね。君がしてくれた質問の矛盾点にもう気がついていると思います。君は前にこう書いてましたね。
if節には副詞節、名詞節がありいずれも副詞節の場合のみ未来の内容でも現在時制を用いると説明されている。
「ifS+V」は「名詞」にもなれば「副詞」にもなります。「SがVしたかどうかということ」は名詞だし、「もしSがVならば」は副詞です。でも、「いずれも副詞節の場合」というのは変ですよね。つまり、君の質問は前提が間違っているわけです。質問、待ってますよ!

英語の質問はないのですか?!

今までたくさんの気遣いや慰めのコメントをいただきました。ありがとね!でも、英語の質問じゃないと返信はできません。だって、「ありがとね!」としか書けないでしょ!だから、ちゃんと質問をしてください。あ、渡辺君!こないだ名駅で会いましたね。医学部を受験するとのこと。頑張ってください。でも、英語の質問がなければ、これ以上は何もアドバイスができません!だって、薮下は英語の教師なのですからね!宙くん!やっぱり君はアホですね。愛情表現の仕方が間違ってます。ま、元気そうでなによりでした。

永遠の鹿ちゃん推しライバー君からの質問

<質問>
薮下先生お久しぶりです
早く帰ってきてください!
質問です。
助動詞のところなんですけどhave+to doとneedの使い分け
shouldとought toの使い分けがわかりません!
後者の方はToがあるかないかで判断すべきなのでしょうか?
お大事に
<回答>
鹿ちゃん推しライバー君(以下、鹿ちゃん)!久しぶりでこの名前を聞きました。相変わらず細かいところにこだわってますね!鹿ちゃんは。そういう発想は研究者に向いていますよ。でも、言葉は「研究する」ものじゃなくて「使う」ものですから、あまり細かなところにこだわらない方が、早く使えるようになります。
have toとneed toの違いですが、形が違うわけですから、意味もどこか違っているはずです。でも、「ほとんど同じ」と考えて問題はありませんよ。確かに先生によっては「have toは外的な状況がそうさせる」とか「need toは個人的な事情でそうする必要がある」なんて説明する人もいます。でも「ごめんね!私はもう行かなきゃなりません」という発話が「外的状況」なのか「個人的事情」なのかは、言った本人じゃないと分かりません。脚本じゃないのですから、逐一「これは外的な状況から、私はもう帰る必要がある」なんてト書きをぶら下げて歩けませんよね。あ、最近のドラマではCGを使って、そんなタグが付くこともありますけれど。
そして、リンダに言わせると「違いはない!」そうです。ほとんど好みで使っていると言ってます。
ごめんね、私はもう行かなきゃ」
I’m sorry. I have to go.
I’m sorry. I need to go.
日本ではI have to go.の方を使うように教えていますが、英米人はどっちも区別なく使います。それに、英語のテスト(入試や模試)では表現の裏にある状況や感情までは聞きません。だから「同じ」だと思って使ってください。「研究する」のは暇のある学者に任せておきましょう。
同じ理由でshouldとought toも「ほとんど同じ」だと考えてくれてOKです。shouldは「そうした方が良いよ」というプラスの指向性が、ought toは「そうしないと悪いことが起こるよ」というマイナスの指向性があるという先生もいます。でも、「使う」立場から見ると「同じじゃん!」と思っていて不都合はありませんよ。鹿ちゃんの言う通りで、形の上ではshouldは1語の助動詞、ought toは薮下が前から言ってる助動詞型「~to」の仲間ですから、2語で1つの助動詞です。「be~to」なら3語で1つの助動詞だと思えば良いのです。
さて、リンダは今、画像診断では日本でも指折りの森田孝子先生と遠藤登喜子先生に診てもらってます。一通り検査が終わって、後はどこをどう切るか、いつ切るかが15日に分かって、それから入院、手術という段取りです。「切る」ということと「治る」ことは同義だそうです。抗がん剤ならダメだと彼女は言ってました。今では皆、風邪を引くようにガンになるそうです(風邪だと診断されるのと同じくらいの割合でガンだと言い渡される)。一方、実家では、今までずっと父親が元気で、骨粗鬆症で血瘤腫、腸閉塞で脳梗塞、最近では認知症気味な母親の面倒をずっと看てきました。でも、その父親ももうすぐ90ですから思うようには行かなくなってるみたいです。風邪をこじらせて寝られなくなり、階段から落ちて肋骨を骨折したりしてます。先日は、腸にできた腫瘍を切除しました。それにしても、医療の進歩は思った以上で、人はなかなか死ななくなってるみたいです。どう見ても高校生にしか見えない担当医に「もうヤバイのでしょうかね?」と尋ねると、「いやいや、まだ大丈夫だよ」と笑顔で言います。なんだかスゴい時代になったものです。薮下はもうちょっと休みます。

きょうのニュース「この国に未来はないかも?」

東芝が原子力事業から撤退するそうです。ま、原子力事業のおかげで潰れそうなわけですから、当然なのでしょうがね。原子炉には2種類のシステムがあって、東芝がやっていたBWRと三菱のPWR。WRはWater Reactorの頭文字で、軽水炉の意味だとは聞いたことがあるのですが、BやPが何のことだか薮下にはよく分かりません。東芝は、自分たちがやってこなかったシステムのノウハウを手に入れようと米の原発会社WH(ウェスティングハウス)を買収したそうです。これで原子力事業の全部を「制覇」できると考えたのでしょう。ここら辺の計算が、失敗したことのないエリートらしいところです。でも、WHが請け負っていたアメリカでの原子炉建設事業が、東日本大震災のおかげで規制が強化されてコストがかさんでしまい、東芝がそれを全部背負い込まないとけなくなって倒産(?)するわけです。「アメリカにハメられた!」なんて言ってる人もいるようですが、結局は東日本大震災を起こしてしまったことが端緒なわけで、すべてが自業自得なのです。いずれはヤバイぞと分かっていた福島原発を放置していた日本(東電や官僚)がいけなかったのです。なんで皆そのことを言わないのでしょうか?東芝を潰すのは、僕らの傲(おご)りなのにね。反省せずに自分たちの外側に理由(いいわけ)を探そうとしている限り、日本は良くならないですね。アホです、まったく。「今日のニュース」でした!