Skip to content

Vintageはクソ参か?!(24)

先日、卒業生の車戸君と会ったときに、「Vintageはクソ参か?!」の話題になりました。なぜ日本の英文法問題集はIt – of – toを副詞用法扱いするのだろうね?と彼に水を向けると、あっさりと彼はこう答えました。
⊿玄関の鍵を一晩中開けっ放しにしていたなんて、彼女は不注意だった。(126)
It was careless of her to leave her front door unlocked all last night.
=She was careless to leave her front door unlocked all last night.
⊿日本人が英語を学ぶことは容易ではない。(120)
It is not easy for Japanese to learn English.
=English is not easy for Japanese to learn.
「~するなんて」というのは「理由」だから副詞、「~すること」というのは「主語」だから「名詞」だと思ってるんじゃないですか?
あ、そういうことか!と合点がいきました。文法問題集の著者たちは、日本語で問題を分類していたのですね!それ、おかしいでしょ!英語で分類せずに日本語で分類してどうするのですかね。こんな国で何年勉強しても英語が身に付かないのがよ~く分かりました。それにしても、車度君!やっぱり君はかしこいですね!

Where is the key?

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “協力(kyou-ryoku)” The pronunciation of “kyou-ryoku” sounds like “key your oak”. So how about memorizing the word “協力” with “The key [is on] your oak desk.”? If you have any ideas for words that sound like “kyou-ryoku”, please let me know! (I pick up the word “協力”from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)
「協力して~する」do something hand in hand
「人に協力を求める」ask for人’s cooperation
「人と協力し合う」cooperate with each other
「人と協力できない」cannot go along with人
「協力関係」cooperative relationships

Vintage以外の英文法問題集

Vintageをやる気が湧いてこない子たちのために「Vintage以外の英文法問題集」を探すと約束をしてました。まだ鼻風邪が抜けないのですが、もうすぐ学校が始まるので、今日探しに行ってきました。名駅の直ぐ隣にできたゲートタワーというビルがあって、その中に三省堂が入ってます。そこで探しました。あ、実はその前にジュンク堂という本屋にも寄ったのですが、英文法問題集は1冊もありませんでした。学習参考書って売れないんですね!でも、さすが三省堂!本箱1つ分に英文法関連書がずらりと並んでます。
いいずな書店はVintage以外にも「Engage」という英文法問題集を出しています。桐原書店は「NextStage」以外にも「PowerStage」というのを出してましたが、「Engage」も「PowerStage」も瓜生豊さんが書いてます。そう言えば彼は河合塾の講師です。あとは受験サプリの英語講師で関正生さんが「英文法ポラリス」というのを出していました。他にも色々あります。
結論から先に言うと、どの説明もVintageと五十歩百歩でした。どれもIt-for-toを名詞用法に、It-of-toを副詞用法に分類してます。これって、もしかすると薮下の頭がおかしいのでしょうか?それとも、この国の英文法問題集の解説がweirdなのでしょうか?なんだか猿の惑星に迷い込んだチャールストン・ヘストンの気分です(分かんないよね!)。

the capital of Japan!

Let’s memorize Japanese words with ease! Today’s word is “首都(shuto)” The pronunciation of “shu-to” sounds like “shoot”. So how about memorizing the word “首都” with “Soot Tokyo, the capital of Japan”? If you have any ideas for words that sound like “shuto”, please let me know! (I pick up the word “首都” or”地球” from the questions in the Japanese Language Proficiency Test)

「日本の首都はどこですか」What is the capital of Japan?
「首都を移転する計画」the plan to relocate the capital from Tokyo
「首都圏」capital region

Hey, chick!

The most important and difficult thing in learning languages is how to increase your vocabulary. This is an effective way for vocabulary building. When you want to memorize a Japanese word “地球(chikyu)(earth)”, make a sentence in which the pronunciation and the meaning of chikyu are similar. For example, “Hey, chick! you are the cutest chick on EARTH.” “chick! you” and “地球” sound similar!! If you have any ideas for words that sound like “chikyu” let me know!!

「地球は太陽の周りを回っている」The earth goes around the sun.
「地球環境の変化」global environmental change
「地球外生物」Extra-Terrestrial
「地球温暖化の影響」effects of global warming



日本語学習サイトの英語(2)

前回に引き続き、日本語学習サイト「今日(imabi)」の英語を考えます。
In Japanese, 開く would appear in all four of these sentences. Its usages differ in the emotional state of the subject. If the usage utilizes a subject that has no willful control of itself, then changing the sentence from an intransitive one to a transitive one doesn’t change this fact.
1) The rose buds are blooming.
2) The rose bloomed.
3) The school door opened on its own.
4) He opened the door for me.
最初の英語は意味が通じます。
日本語の「開く」が4つの例文全部に出てきます。
In Japanese, 開くwould appear in all four of these sentences.
次の英語は全く意味不明です。
「ひらく」の使い方は主語の心の状態によって違う。
Its usages differ in the emotional state of the subject.
4つの例文を見てみると、上3つは物主語です。でも物にはemotional stateなんてありませんから、これでは「開く」の使い方は全く分かりません。次の英語はどうでしょうか。
もし自分自身を意図的にコントロールできない主語を使って「開く」を使うのなら、文を自動詞から他動詞にしても、この事実は変わらない。
If the usage utilizes a subject that has no willful control of itself, then changing the sentence from an intransitive one to a transitive one doesn’t change this fact.
先ずsubject that has no willful control of itselfって何でしょうか?もしかして、「意思を持たない物主語」のことを言ってるのでしょうか?それならこうすると分かりやすい。
もし文の主語が物なら~
If the subject of the sentence is an object or objects
それに「this fact」って何を指しているのかさっぱり分かりません。多分Its usages differ in the emotional state of the subject.のことを指しているのでしょうが、この文自体が意味不明なわけですから理解できません。どうしてもっと簡単にストレートに言わないのでしょうかね。例えばこういう具合です。
文の主語が「人主語」なら、「開く」は他動詞になる。文の主語が「物主語」なら、「開く」は自動詞になる。
If the subject of the sentence is a person or persons, 「開く」is used as an intransitive verb. If the subject of the sentence is an object or objects, it is used as a transitive verb.
1)バラの花びらが「開く」
2)バラが「開く」
3)学校の扉が独りでに「開く」
4)彼は僕のためにドアを「開く」
物が主語なら、それが勝手に「開く」ですが、人が主語なら「開く→何を」の他動詞になります。絶対にこっちの方が分かりやすいと思うのですがね。

明けましておめでとうございます!

薮下の今年のNew Year resolutionですが、「英語で日本語を教えてみよう」に決めました。つまり、今は日本語で英語を教えていますが、逆にしようと考えているわけです。結局、外国語を勉強することは母語との違いを理解することですから、どっちを使って教えようが、中身はそんなに変わらないはずです。それに、海外の子たちも「薮研」が読めますからね。
そもそも薮下が英語を教えようと思ったきっかけは、英文法の本を読んでも何が書いてあるのかさっぱり分からなかったからです(Vintageの説明もさっぱり分からないよね!)。つまり、文法学者が趣味でやっていることを教室に持ち込んでいるのが気に入らなかったわけです(あ、説明が下手くそなのは論外です)。文法は必要です!文法は僕ら教師と君ら生徒との共通語だからです。言い換えると、文法という言葉を使って僕らは君らに英語を教えていて、他に方法がありません。ま、英語しか使えない環境にしばらくいれるならそれが一番なのですがね。
そこで興味があったのは「英語でどうやって日本語を説明しているのか」ということです。いろいろ検索してみて見つけたのが、日本語を勉強してる外国人の子たちがたくさん「いいね!」と言っている「今日(imabi)」というサイトでした。昨日は1日中このサイトを読んでました。そして分かったことは、やっぱり「何を言ってるのかさっぱり分からない」ということです。こんな具合です。
In Japanese, 開く would appear in all four of these sentences. Its usages differ in the emotional state of the subject. If the usage utilizes a subject that has no willful control of itself, then changing the sentence from an intransitive one to a transitive one doesn’t change this fact.
これは「開(ひら)く」という動詞を説明している文章です。そして、Vintage以上に意味不明です。あ、intransitiveは「自動詞」、transitiveは「他動詞」という意味です。transitって聞いたことがあると思うのですが、例えば、韓国経由でハワイに行くようなときに使います。韓国を通過してゆくのでtransitです。さて、他動詞は英文の真ん中にドンと居座っていて、その次に「何を」、「誰に+何を」、「何を+どのように」が来るのでしたね。渡邊君、覚えてますよね!つまり、文は他動詞のところではまだ途中で、他動詞を「通過して」目的語などが来るわけです。だから他動詞をtransitive verbと言います。inがつくと意味が逆になるので、自動詞はintransitiveです。あ、all four of these sentencesというのはこれです。
i. The rose buds are blooming.
ii. The rose bloomed.
iii. The school door opened on its own.
iv. He opened the door for me.
長くなったので、続きは明日にします。

コメントが表示できるようになりました。

【12月27日】
中西先生がコメントを表示できるように直してくださいました。先生!ありがとうございました。
【12月26日】
ちょっと前から、薮研のコメントが表示されなくなりました。携帯では見えるのですが、PCからは見えません。何がどうなっているのかよく分からないのですが、しばらくはここで質問にお応えします。とりあえず今週の2件を掲載しておきます。あ、コメントは表示されないだけで薮下は読めますから、質問があればコメントしてくださいね。
【Kさんからの質問】
OBの者です。
 お久しぶりです。2年前に卒業した、あのKです。なんか成人式が近づいてきて、寂しくなったので久しぶりにこのブログに来てしまいました。
 いまリンダさん。大変な状況になってしまい、いつもお話を伺っていた自分としては大変驚いています。どうか一日も早い回復を、陰ながらお祈りしております。また、先生もご多忙になさっておられるため、無理をなさっていないか案じております。ご指導熱心な先生の事ですから、お仕事が気にかかるでしょうが、お体を崩されることの無き様願っております。
 今は塾講師のバイトをやっており、先生と同じように英語教えています。いざ教える立場になってみると、やはり難しいですね。論理立てて文法を教えるノウハウも生徒を惹きつけるカリスマもなく、先生の魅力的な授業は中々できるものじゃないと気付き、その分先生の凄さを2年越しに思い知ることになりました。
  さて本題に入りますが、関係代名詞の文の英訳を書かせると、毎回何かしらの文法ミス(品詞の欠陥など)をする中学生がおるのです。そこで、関係代名詞の一文を作る時にチェックすべき項目を全てまとめ、その項目を毎回チェックさせながら書かせようと思うのですが、良い方法ですかね?そういう中学生特有のケアレスミスはどう指導したら直るのでしょうか。
【回答】
Kさん!久しぶりですね。塾で英語を教えているとのこと。なんだか時の流れを感じます。Kさんは良い先生になりますよ。目の前の子供たちを何とかしてやりたいというお節介心が君にはいっぱいありますからね。徹底的に準備をして授業に臨んでください。さて、ご質問の指導法ですが、薮下には中学生が毎回犯す「文法ミス(品詞の欠陥)」というのが良く分かりません。具体的に子供たちはどんな英語を書いてくるのでしょうか。それが分かれば何か役に立つ助言ができるかも知れません。
【ぱでぃんとんさんからの質問】
関係副詞について質問です
Vintage問題番号254(前置詞+関係代名詞+to do)の解説で
An apartment in which to live with her
(彼女と暮らすためのアパート)
とあるのですがこれは
An apartment where to live with her
と書き換えれますか?
補足:Vintageの構成として前置詞+関係代名詞の後、関係副詞を学んで、その後に、急にこの前置詞+関係代名詞+to doが出てきたので関係副詞とは関係ないのかなと疑問に思った次第です。
【回答】
パディントンさん!Vintageは余計なことはたくさん言う割には、肝心なところの説明がありません。これも君の言う通りで、Section70で関係副詞=前置詞+関係代名詞と説明しているのに、ここではなんの言及もありません。ま、不親切な問題集だと言うことです。「(a)のto work inは形容詞用法の不定詞」と説明しているのに、(b)の前置詞+関係代名詞+to doのtoも不定詞の形容詞用法だとは書いてなのがダメですね。形容詞は当然名詞を飾りますから、関係代名詞whichも名詞の仲間だからwhichにto不定詞が続くのは何の問題もないわけです。一方、whereになるとこれはもう副詞ですから、形容詞用法のtoで飾るわけにはいきません。だから、an apartment where to live with herという英語は成り立たないのです。でも、Vintageの説明を読んだだけではよく分からないですよね。

しばらくブログはお休みします

【12月14日】
学期末の成績処理が佳境を迎えています。今週末が成績処理の締め切りで、それまではブログをお休みします。英語の質問はいつでもOKですよ。
【12月22日】
成績処理とリンダの8回目の抗がん剤投与が重なり、ちょっと体調を崩してます。熱が39度から引きません。もしかするとインフルエンザかもしれないので、病院に行きます。もうしばらくブログはお休みします。
【12月25日】
薮下の風邪がリンダにうつってしまいました。今二人とも動けなくなっていて、ちょっとピンチです。それにしても、なぜ職員室の暖房が3時に切れてしまうのでしょうか?それに、風邪を引いているのにマスクをしない子もいるしね。本当に迷惑です。インフルエンザかと思っていたのですが、名古屋ではまだ流行ってないそうです。
【12月26日】
今、IJK3クラスのRD23の全訳を添削し終えました。全部で20人の子の答案を添削するのに、ほぼ1週間、1日6時間程度費やしました。答案を提出した子は皆、真面目な子ばかりで、決して彼らがいい加減な気持ちで全訳に取り組んだとは思っていません。それに、全訳するのに何時間も掛かったはずです。でも、添削し終えて分かったのは、薮下が高1の時から教えてきたことが全く身についてないと言うことです。今まで何度も繰り返し授業で言ったことを、彼らは全く理解していません。いや、言葉は理解した上で使わないと身につかないので、彼らは授業を(真面目に?)聞いてるだけで、実際にそれを使って英語を読んでないということです。

Vintageはクソ参か?!(23)

前回の続きで、Vintageで同じ内容を扱っている設問の120と127が別の項目に分類されているお話です。あ、ちょっと風邪をこじらせてしまって発熱しています。ブログを更新する元気はないのですが、前回の記事に対する投稿が何件かあって、個別に回答するよりもここで一度に済ませておいた方が良いと思い、キーボードを叩いてます。
投稿の内容は総じて次のようなものです。あ、前回も掲載した英文をもう一度載せておきます。赤い方が問題集に収録されている英文です。
日本人が英語を学ぶことは容易ではない。(120)
It is not easy for Japanese to learn English.
=English is not easy for Japanese to learn.
この問題はあの問題よりも僕にとって答えるのが難しい。(127)
It is more difficult for me to answer this question than that one.
=This question is more difficult for me to answer than that one.
設問120の不定詞は名詞用法、設問127の不定詞は副詞用法。だから120がSection042「不定詞の名詞用法」に、127がSection044「不定詞の副詞用法」に分類されているのは当然ではないか。
薮下は河合塾も含めるともう30年くらい英語を教えているので、指摘されなくてもそのくらいは分かります。上の方は形式主語Itの内容を受けた真主語のto不定詞ですから、主語になれるのは名詞用法の「ことシリーズ」です。一方、下の方は「この問題はむずかしい!」に対する「何するのが?」の疑問に答えているので副詞用法に決まってます。でも、このタフ構文のポイントは不定詞じゃなくて形容詞です。つまり、難易・危険安全・快不快の形容詞で分類する方が分かり易い。それに、127では副詞用法から名詞用法への書換に言及しているのに、120の方では触れていない。これって変じゃないですか?
あ、熱があるので言ってしまうと(授業ではもう説明したのですが)、Vintageは設問126の英文を副詞用法に分類しているのがもっと変です。これは説明の仕方が下手なのではなくて、説明が間違ってます。
玄関の鍵を一晩中開けっ放しにしていたのは彼女の不注意でした。(126)
It was careless of her to leave her front door unlocked all last night.
この不定詞も形式主語Itの真主語ですから、当然名詞用法です。なのに、なぜ設問126は不定詞の副詞用法に分類されているのでしょうか?全く理解に苦しみます。あ、もしかしてVintageはこのtoを副詞用法だと判断したのでしょうかね?
それなら、今まではVintageの説明を読んでも当のその問題しか解けないと思っていたのですが、「Vintageの説明を読んでも、当のその問題さえ理解できない」と訂正しなくてはいけませんね。
この英文のポイントもやっぱり形容詞です。carelessは「人is+形容詞」の形で人に使うので、次のようにこの英文は書き換えられます。
玄関の鍵を一晩中開けっ放しにしていたのは彼女の不注意でした。(126)
It was careless of her to leave her front door unlocked all last night.
=She was careless to leave her front door unlocked all last night.
それをVintageは形容詞の性質には言及せずに、ただ「She is careless to leave~としても同意」と書いて誤魔化しています。あ、下の英文の不定詞なら副詞用法に分類できるのですがね。
タフ構文のことをもっと詳しく知りたければ、ここを参照してください。そして、Vintageに代わるもっと良い問題集を探して教えてあげる約束なのですが、今は動けないのでもうちょっと待っていてくださいね。あ、クリスマス、おめでとう!