Skip to content

Syssy File (15)

人を救ってくれるモノは、今までは宗教や哲学だったのだけど、神さまはニーチェに殺されてしまったし、哲学を教えてくれるところはどこを探しても1つもありません。
ドラマやアニメが扱うのは、ワンピースのように強い絆でむすばれた友情、友だちのように仲の良い家族、先生の言うことをきくよい子たちです。場合によっては、それを強調するために、それとは全く逆のこともあります。どれにも共通するのが、いつも皆で「よりそって」「つながって」青い鳥を探すことです。パラモアの言うように、決してno one’s aroundじゃないんですね。確かに、人とつながってれば気が紛れて楽しい。簡単に(安っぽい)感動を味わえます。でも、生きる希望は決して手に入りません。そのためには、1人で生と死に向き合わないといけません。人と群れていては、Gotta let it happenという境地には至りません。
Gotta let it happenというのは、今の自分の周りの状況をぜんぶ受け入れる覚悟です。今を否定して未来に希望を求めて必死であがくんじゃなくて、今の苦しい状況を全部受け入れるわけです。そうすれば、苦しさが和らぐよとパラモアは教えてくれています。
一体全体、このパラモアというグループは何者なのでしょうか?ロックは宗教や哲学を超えることができるんですね。驚きました。
Religion and philosophy have given salvation to us until now. But Nietzsche killed God, and there is no school where we can learn philosophy.
Themes treated by dramas and animes are the ties of friendship like ONE PIECE, ties of family on friendly terms, and studentship with which students take what their teachers say to ear. Occasionally opposite situations are set to emphasize them. What is common among them is that they are seeking for a bluebird together. They hate the situation in which “no one’s around”. It is true we are happy to connect with other people in order to be diverted from hard reality. We can easily be impressed with such dramas and animes. But we can never get hope that can keep me alive. In order to get such hope, we should face life and death alone. We would never say “Gotta let it happen” if we hang out with others.
“Gotta let it happen” may imply that I am prepared to come to terms with hard reality, that I never go after the bluebird making a denial of the present. Paramore tells us that it can help your pain if you can do it.
What on earth is this rock group called Paramore? It is surprising that rock music should run ahead of religion or philosophy!

Syssy File (14)

And that’s the hope I have
このことが今の私の希望
The only thing I know is keeping me alive
このことが分かっただけで、これからも私は生きてゆける。
Alive!
私は生きてゆける
*今日はちょっと忙しいので、コメントは後で付けます。人を救ってくれるモノは、今までは宗教や哲学だったのだけど、神はニーチェに殺されてしまったし、哲学を教えてくれる大学は1つもありません。・・・

Syssy File (13)

And the salt in my wounds isn’t burning any more than it used to
心の傷口に塩をすり込まれても、前ほどヒリヒリ痛まなくなってる。
It’s not that I don’t feel the pain
それは、痛みを感じなくなったんじゃなくて、
It’s just I’m not afraid of hurting anymore
傷つくのがもう怖くなくなっただけ。
And the blood of these veins isn’t pumping any less than it ever has
心の傷口から流れ出ていた血は、前よりそんなに出なくなってる。
*ブッダは「人生はである」と悟る。僕らはいつも四している。ニーチェも「生の痛は耐えがたい」と言う。だから皆、「」の苦しい自分から逃げ出して、青い鳥を「未来」に探しに行く。自分の「」に探そうとする。でも、幸せはそんな所には見つからない。この歌はそんな僕らに、「今、ここ」にいる自分の「」にある幸せに気付け!と言ってる。ほら、ここで光ってるだろ!と言ってるわけです。それに気が付くと、自分の悲惨な運命も「」にある敵じゃないのだから、戦わなくても良くなるし、前ほど悲惨な運命に心が痛まなくなる。それは決して自分が痛みを感じなくなったのではなくて、悲惨な運命を自分の「」で引き受けることで怖くなくなる、不安でなくなる、と言ってる。これって、ニーチェの言ってる「生の肯定」と全く同じです(笑)。ニーチェが何千ページもかけて説明してることを、Paramoreは二十数行でやってます。この子たちは半端なくスゴイ!もう、宗教も哲学も要らないかもしれません。
Gautama Siddhartha realized that our life is painful. So we are always in great trouble. Nietzsche also said that the pain of our life is unbearable. Then we try to escape from ourselves in a painful present situation, and make a trip to find the blue bird in the future, or outside ourselves. But we can never find happiness in such places. This song tells us that we should get wise to find your happiness inside of you here now. Can’t you feel the spark just inside of you? If you could dig out the truth, you would find your painful fate is not your enemy to fight with outside of yourself. And that would relieve the pain. But it is not because you don’t feel it, but because you are not afraid of it by accepting your fate yourself. This is the very thing that Nietzsche calls “saying yes to all of your life as it is.” Nietzsche explained this, using thousands of pages. But Paramore did the same thing in about twenty lines. With Paramore, we don’t need religion or philosophy.

 

Syssy File (12)

Every night I try my best to dream
毎晩、今日より明日をもっと幸せなものにしよう、
Tomorrow makes it better
と必死で考えていた
And I wake up to the cold reality
でも、目が覚めると(気が付くと)、悲惨な現実[の繰り返し]に幻滅するの。
*想像と現実の違いを強調するand。だから「幻滅する」と和訳した。単なる順接ではないことに注意!
And not a thing is changed
昨日とちっとも変わってない
*ニーチェはこれを「永劫回帰」(eternal return)と表現しました。人生で起こるのは、始まりも終わりもない、ただの苦痛の日々の繰り返し。でも、ロックがこの哲学をこんなに見事に表現するとはね!Paramoreは本当にスゴイね!
But it will happen
そうじゃない。幸せは必死で「なる」ものじゃなくて、今そこに「ある」もの
*it will happneというのは、makeじゃなくてhappenだと言ってる。意識してそう「する」んじゃなくて、ただそこにその様に「ある」んだと。こいつらはただ者ではない。
Gotta let it happen
だから、幸せになろうとするのをやめた
Gotta let it happen
幸せになろうとしなくてもいいの
Gotta let it happen
幸せを手に入れようとしなくていいのよ
It’s just a spark
幸せはこの先「なる」んじゃなくて、今「感じる」もの。ほら、そこで光ってる
But it’s enough to keep me going
でも、それに気が付いただけでで十分これから生きて行ける(という希望が持てる)
And when it’s dark out, no one’s around
全く先は見えなくて、頼れる人は誰もいなけど
It keeps glowing
すぐそばで煌めいている幸せを、今は感じる

Jhana File (25), Syssy File (11)

Let me explain the thirteenth Kanji character of the 80 for beginners, 「先」.
」= point, tip; in front; before, beforehand
on – yomi「セン」
kun – yomi「さき
⊿青い鳥症候群= Blue Bird Syndrome
幸せはこのに達成するものではなくて、今感じるものです。
Happiness is not a purpose to be attained in the future, but something to be felt right now.
◇青い鳥(あおいとり)= blue bird
◇症候群(しょうこうぐん)= syndrome
◇この(このさき)= in the future
◇達成すべきもの[目標]= a purpose to be attained
◇感じるもの[状況]= a situation to be felt
*モーリス・メーテルリンクの童話に「青い鳥」というのがあって、チルチルとミチルが幸せを象徴する青い鳥を探しに行くのだけど、結局自分たちの身近なところにあるのが分かる。つまり、幸せは無理して手に入れるものじゃなくて、今感じるもの。
“Blue Bird” is a nursery tale by L’Oiseau Bleu, in which Chiruchiru and Michiru made a trip to find the blue bird that was symbolic of happiness. Eventually they found out that it was right under their noses. In other words, happiness is not something you have to work hard to get but something to be felt right now.
*これをロックで歌ってる子たちがいる。普通、ロックは「セックスやドラッグ」をテーマにするのだけど、この子たちは「生き方」を歌ってる。シッシーが大好きなグループでParamoreという。歌詞と和訳をつけます。ずいぶん誇張して訳してるけど、言いたいことはズレてはいない。ま、大げさに言わないと伝わらないこともあるからね。
「Last Hope」
I dont even know myself at all
あたしは自分のことをまったく分かっていなかった
I thought I would be happy by now
今まで、絶対幸せになるんだと思ってた
But the more I try to push it
でも、そう強く思えば思うほど
I realize gotta let go of control.
それが上手く行かないことが分かった。幸せを手に入れようとしても上手く行かない
Gotta let it happen
だから、無理して幸せになるのはやめた
Gotta let it happen
幸せになろうとしなくてもいい
Gotta let it happen
幸せになろうとしなくてもいい
So let it happen
そう、幸せを手に入れようとしなくていい
It’s just a spark
幸せは「なる」んじゃなくて「感じる」もの。ほら、そこで光ってる。
But it’s enough to keep me going
でも、それに気が付いただけで、十分これから生きて行ける(という希望が持てる)。
And when it’s dark out, no one’s around
真っ暗で先が見えなくて、頼れる人は誰もいなけど
It keeps glowing
すぐそばで煌めいている幸せを、今は感じる。
続きは明日。

Jhana File (24)

Let me explain the ninth Kanji character of the 80 for beginners, 「耳」.
」ear
on-yomi「
kun-yomi「みみ」
⊿「目」(もく)=ears and eyes, attention
「世間(せけん)の耳目を集める」= draw attention
自分(じぶん)の胸(むね)をさわらせた動画(どうが)を撮(と)った女子高生(じょしこうせい)が世間(せけん)の目(もく)を集めた。
A high school girl who let her breasts be touched for free and filmed the scene to get a high browsing frequency drew increasing attention.
◇「」=eye(s) on-yomi「モク」「ガン」、kun-yomi「め」
◇自分(じぶん)の~= one’s own~
胸(むね)= breast(s)
さわる= touch
動画(どうが)= video
動画を撮(と)る= film
女子高生(じょしこうせい)= high school girl
世間(せけん)= world, public
*彼女は皆にスゴイと認めて欲しかったのだけど、方法が間違っていたね。
She wanted everyone’s approval, but did it the wrong way.

Jhana File (23)

Let me explain the eighth Kanji character of the 80 for beginners, 「車」.
」car, vehicle, ride
on-kanji「シャ
kun-yomi「くるま
⊿「霊柩」(れいきゅうしゃ)funeral car, dead wagon
A:ぼくのはベンツだぞ(ぼくのくるまはベンツだぞ)!
B:ぼくのは霊柩だぞ(ぼくのはれいきゅうしゃだぞ)!
A; My car is a Mercedes!
B; Mine is a dead wagon!
*「○○車」can be used for telling the type of car such as
「消防」(しょうぼうしゃ)= fire engine
「救急」(きゅうきゅうしゃ)= ambulance
「清掃」(せいそうしゃ)= dirt wagon
「はしご」(はしごしゃ)= aerial ladder truck

 

Jhana File (22)

Let me explain the fifty-eighth Kanji character of the 80s for beginners, 「」.
」=two
on – yomi「
kun – yomi「ふた(つ)」
⊿人生(じんせい)が度(ど)あれば= If I could have another life
今度はあまり真面目に生きたりしない。もっと楽に生きたい。バガなことをたくさんやりたい。先のことを考えずに今を楽しみたい。準備なんかせずに、ぶっつけ本番でやって、失敗して悔しい思いをたくさんしたい。
I want to be the kind of person this time that I would never live a serious life, but get more lazy about everything. I would do a lot of stupid things. I would never look ahead, but seize the day instead. I would not make preparations, but act without rehearsing. Then I could make a lot of regrettable mistakes.
◇人生(じんせい)= life
◇二度(にど)= twice, again, another~
◇今度は(こんどは)= this time, next time
◇真面目にやる(まじめにやる)= get serious, not play games
◇真面目に生きない= lead a lazy life
◇楽(らく)に生きる= live with comfort
◇バカなことをする= do stupid things
◇先(さき)のことを考(かんが)える= think about the future, look ahead
◇今(いま)を楽(たの)しむ= seize the day
◇準備(じゅんび)をする= make ready, build a bridge, provide
◇ぶっつけ本番(ほんばん)でやる= act without rehearsal
◇失敗(しっぱい)する= fail, make a mistake
◇悔(くや)しい思(おも)いをする= regret, repent

Jhana File (21)

」=hundred
on – yomi「ヒャク」
kun – yomi「もも
⊿親バカ(おやばか)= blind parental love
まる子が恵のファンになったのは、まる子が恵に似てるとお母さんが言ったから。
Maruko became a fanatical fan of Momoe Yamaguchi because her mother told her that she and Momoe were alike.
◇まる子(まるこ)= Chibi Maruko-chan, a heroine of a Japanese famous anime.
◇百恵(ももえ)= Momoe Yamaguchi, a Japanese former singer, actress, and idol
◇ファン=fan
◇AはBに似ている(にている)= A and B are alike, A is similar to B, A look like B, A take after B.
*日本的な数え方(Japanese way of counting)
20=ハタ、ハツ(20才=ハタチ= twenty years of age)(20日=ハツカ=the twentieth day of the month)
30=ミソ(三十路=ミソジ= thirty years of age)
100=モモ(百瀬=モモセ= a Japanese family name)
800=ヤオ(八百屋=ヤオヤ= vegetable shop, green grocery)
1000=チ(千歳=チトセ=a thousand years)

Jhana File (20)

⊿逆走していたのはおじいさん!
実は、ハイウェイを逆走していたのは、おじいさんの車でした!だから、おじいさんの車以外は全部逆走しているように見えたのです。これは本当にあった話です。
◇実は(じつは)= as a matter of fact, in fact
◇~のように見える(みえる)= it looks like~
As a matter of fact, it was the old man’s car that was running in the reverse direction! So it looked to him like hundreds of cars were running in the wrong direction. It’s a true story!