Skip to content

関正生著「大学入学共通テスト英語が1冊でしっかりわかる本」

これはVintageではないのですが、『大学入学共通テスト英語が1冊でしっかりわかる本』にちょっと酷い誤訳があったので、ここを利用して書いておきおます。
194ページに載ってる「第6問ーA(プレテスト第2回目)」の第3段落の和訳です。
[3] Yet another issue involves safety. People may be concerned about the safety of aircraft flown by female pilots.
[3] しかし、他にも、安全性に関わる問題がある。人々は、女性パイロットが操縦する飛行機の安全性に懸念を抱くかもしれない。
このyet another issueは第2段落のone potential obstacleに呼応していて、「障害になる可能性のある1つのことは」が「さらに別の問題は」と文が展開しているわけです。ですから、ここでのyetは「さらに」の意味じゃないと文意が通りません。
このyetを「しかし」と和訳するのは全くの誤訳です。さらに言うと、このyet anotherは頻繁に使う表現ですから、「YA」と略語表記されることがよくあります。これはOh, my godが「OMG」と表記されるのと同じです。
ですから、これを訳し間違えるのは、英語をあまり知らない子だと思います。薮下は関正生という先生をあまり良く知りませんが、早く訂正した方が良いと思います。

英文和訳道場+英語表現(おまけ)

夏期特別授業+英語表現(おまけ)
共通テストの問題解法

英文和訳道場+英語表現(14)

夏期特別授業・英語表現(14)
共通テストの問題解法

英文和訳道場+英語表現(13)

夏期特別授業・英語表現(13)
共通テストの問題解法

英文和訳道場+英語表現(12)

夏期特別授業・英語表現(12)
比較構文(2)・クジラ構文・法政大2019年度

 

僕が問題集や参考書、赤本をディスる(disrespectする)のは、これを使って勉強していてよく分からない場合、それは君たちの頭が悪いからじゃないんだよと訴えたいからです。分からないのは、説明が下手だったり間違っていたりしているからです。特に赤本の出来は幾何級数的に悪くなってます。要領の良い子は理解せずにとりあえず頭に入れて予定調和を計ります。でも要領の悪い子は勉強がそこから先に進みません。

英文和訳道場+英語表現(11)

夏期特別授業・英語表現(11)
比較構文(2)・クジラ構文

ちょっと今週はイレギュラになりそうです。

英文和訳道場+英語表現(10)

夏期特別授業・英語表現(10)
比較構文(1)・演習編(その2)

英文和訳道場+英語表現(9)

夏期特別授業・英語表現(9)
比較構文(1)演習編(その1)

唐突に動画が終わります。ごめんなさい。

英文和訳道場+英語表現⑧

夏期特別授業・英語表現(8)
比較構文(1)理論編・as原級asの続き

「BするくらいならAする方がよい」が「BするくらいならAする方がましだ」になります。「BするのはAするのも同然だ」とビデオでは言ってますが、ウソです。ごめんなさい!「BするくらいならAする方がよい」の「Aする方がよい」だけが残ってるのがmay as well / might as wellなわけです。

英文和訳道場+英語表現⑦

夏期特別授業・英語表現(7)
比較構文(1)理論篇・as原級as