Skip to content

英文和訳道場+(4)

2 Comments

  1. wrote:

    いま、河合塾で浪人しているものです。
    登木先生の長文の授業を受けているのですが、そこで品詞分解が大切と仰っていてひとつ解釈系の問題集を買おうと思っているのですがどうしたらいいですか?今日、授業が始まったばかりでまだ良くわからないんですが、、
    自分は解釈系には少し自信があり基礎は出来ていると思うので透視図などを考えています。それとも、河合のテキストだけを完璧にした方がいいですか?

    木曜日, 6月 4, 2020 at 8:52 午後 | Permalink
  2. wrote:

    たさん!解釈が得意ということなら、透視図は良い選択だと思います。大切なのは、品詞分解が最終的な目標ではないということです。つまり、品詞分解ができても1点ももらえません。

    登木先生は玉置先生の弟子ですから、構文主義の授業をします。品詞分解が大切だと言うのも納得です。「分かってるつもり」を回避するには品詞分解が一番良い方法です。でも、読む英文を全部品詞分解する必要はありません。河合のテキストの英文を読んでいて、分からない英文が出てきたときに文構造を考えれば良いのです。

    与えられた設問に対する適切な解を導くことにクールに徹することです。品詞分解を楽しむ事のないようにね。特に今年は入試まで時間がないので、最短距離を駆け抜けることが大切です。

    月曜日, 6月 8, 2020 at 8:10 午前 | Permalink

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*