Skip to content

大学入試共通テストの英語(18)

2 Comments

  1. wrote:

    こんばんは!まさか薮下先生の授業がYouTubeで無料で見れるなんて∑(゚Д゚)……と驚いてます!笑
    先生が現在受け持っている生徒のための動画なんでしょうけど、卒業生の僕も勉強させていただきました!

    さて、本日は先生に質問があります。
    新型コロナウイルスの脅威が世間を騒がしている昨今、『ソーシャルディスタンス』という言葉をよく聞くようになりました。感染拡大防止のために人と人との物理的距離をだいたい2mあけることを意味する言葉ですが、これを記事などでは『社会的距離』としはしば訳されています。上手く言葉に出来なくて申し訳ないのですが、僕はこれにどうも違和感を感じてしまい、誤訳なのではと思っています。Twitterでも「社会的距離は誤訳だ!」という意見をちらほら見かけます。
    薮下先生はどう思いますか?また、先生ならどう訳しますか?

    水曜日, 4月 22, 2020 at 10:29 午後 | Permalink
  2. wrote:

    優人くん!久しぶりです。このsocial distanceという言葉は心理学用語です。それを疫学に使っているのが優人くんの違和感の出所のように感じます。心理学では人と人との心理的な距離感を「密接」<「個体」<「社会」<「公衆」の4つに分類しています。でも、これは人と人との物理的な距離じゃないので、感染防止の為に人と人の距離をあけるというのとはちょっと違いますよね。一番いけないのは、専門家の先生達が聞き慣れない英語を連発することだと思います。相手をけむに巻く効果はあっても、理解は全く深まりません。ま、これも日本人の劣等感の表れなのかも知れません。

    木曜日, 4月 23, 2020 at 9:48 午前 | Permalink

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*