Skip to content

「話す系」の動詞①

「思う系」と同じで、「話す系」の動詞もたくさんあります。日本語にも「話す」「しゃべる」「言う」「吐(つ)く」と色々あります。talkとspeakは「口から言葉が出る」です。言い換えると、話すという行為を意味します。talkは相手が必要で、言葉のキャッチボールをする時に、speakはその人の口から言葉が出ると言ってるだけで相手は必要ありません。こんな具合です。
あいつらはいつもおしゃべりをしている。
They are always talking.
彼らは何も言わなかった。
They didn’t speak a word.
talkを使うと、彼らがお互いに言葉を交わしていることになります。一方、speakを使うと、彼らの口からは言葉が出なかったと言ってるだけで、言葉を交わしたかどうかは関係ありません。さて、speakは後ろに「何を」が来てるのが分かります。つまり、speakは他動詞として使えます。だから、「英語を話す」というのも口から言葉が出るわけですからspeakを使います。
彼女は英語がペラペラだ。
She speaks English fluently.
でも、talkの後ろには「何を」が来ません。つまり、talkは自動詞としてしか使いません。もし誰かと何かについて話し合いたい場合には「前置詞名詞」にします。こんな具合です。
私たちは弁護士とそのことを話し合った。
We talked with a lawyer about the matter.
lawyerは「弁護士牢屋から出してもらった」と覚えます。matterは「またその事(問題)なの?」と覚えます。「talk with人about事」と覚えておくと簡単です。次回は話の内容を言いたいときに使うsayとtellについて勉強します。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*