Skip to content

英語学学さんからの質問⑥

<質問>
He is the boy (      ) we spoke the other day.【正解①】
①of whom ②who
③whom ④that
■彼は、僕らが先日話していた男の子です。
←We spoke of the boy the other day.
speak/talkで人を指す時はspeak/talk to人にする(悪魔の語法11)からその延長線でspeak of 人で覚えればよいのでしょうか。 speak 人が取れるなら ③、万能だから④でも大丈夫に思ってしまいました。
<回答>
学学さん!speak to人やtalk to人の延長線でspeak ofやtalk ofを考えてください。ofは「関連のof」ですからaboutにしても問題ありません。でも「speak人」の形は取れません。「人のことについて話す」ならofかabout、「人に対して話しかける」ならtoが必要です。「人を話す」ことはできません。だから、②③④は成り立ちません。
1つ気になるのは、学学さんはthatを万能だと考えていることです。thatが万能だったのは高校入試までです。大学入試では「thatが使えない場合」と「thatしか使えない場合」が出題されます。こんな具合です。
■thatが使えない場合
①所有格の関係代名詞
②前置詞+関係代名詞
③非制限用法の関係代名詞
■thatしか使えない場合
①先行詞が唯一絶対のtheの付いた限定的な名詞
②先行詞が全部か皆無
③先行詞が人とモノ
④先行詞が疑問詞
「thatが使えない場合」は説明しましたね。「thatしか使えない場合」にはリンクを張っておきました。参照してみてください。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*