Skip to content

Syssy File (20)

Misguided Ghosts(2)
浮遊霊
Now I’m told that this is life and pain is just a simple compromise
それが人生だと教わった。痛みをほんのちょっと我慢すれば
So we can get what we want out of it
欲しいものが手に入る。(痛みに耐えれば生きて行ける)
Would someone care to classify our broken hearts and twisted minds
本当は、誰かがあたしらの傷ついて、ねじれた心を癒やしてくれればいいのだけど
So I can find someone to rely on and run to them
そんな頼れる誰かを見つけられたら、そっちへ駆け寄ってゆくのに
Full speed ahead
全速力で駆け寄ってゆくのに
*wouldは仮定法だから、誰も癒やしてはくれないと言っている。癒やしてくれるものがあれば直行するのだけれど、いないと言っている。
*classifyは「分類する」だけど、この場合は「混沌とした状況を整理する」→「問題を解決する」→「傷ついた心を癒やす」。
*someoneをtheyで受けてる。文法的には間違ってるけど、前のrun from themに合わせてrun to themにしたかった。
*永劫回帰の苦痛や不安を我慢すれば、人生を生きては行けるのだけど、僕らは今までとは違う「真理」を求めてしまう。それによって苦痛や不安が癒やされることを願う。だけど、一度壊してしまったものは元には戻らない。
“classify” usually means “divide into classes”, but in this case “set chaos in order” → “clear  the  problem” → “heal  the hurt mind.” “Someone” is pronominalized to “they.” This is grammatically incorrect. But this can make a similar figure to “run  from them” in the previous phrase. If we endure the pain or anxiety from eternal return, we can squeeze through. In fact we cannot help but think when we had “God” or the old “concept of values” and chase after new ones. We do hope to fill our empty hands with comfort. But something broken cannot be recovered.
*パラモアはよく”pain”をテーマにする。それは人の行為や言葉、失恋などの「苦痛」よりも、永劫回帰の「苦痛」を言ってる。僕らが信じてきた古い価値観は正しくなかった。でも、それに代わる新しい価値観を見つけないと、心はねじれて傷ついて、上手く生きてはいけない。そんな新しい価値観を見極めるための「目」がBrand New Eyesかな。
Paramore deals with “pain” in their music. It is not from others’ deed or words but from eternal return. We know that our old set of values was not correct. But we cannot live without new values instead, having broken hearts and twisted minds. With “Brand New Eyes”, we could find out these new ones.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*