Skip to content

Vintageはクソ参か?!(34)

新年度直前でちょっとバタバタしていて、なかなか更新できませんでした。気が付くと、トップ記事にたくさんのコメントがぶら下がっていて、ちょっとびっくりしています。もうちょっと待っていてくださいね。必ず質問にはお応えします。
さて、今回もVintageの動名詞のところを見てみようと思います。Section58の181の説明が舌足らずです。せっかく問287の「as soon as SV」を参照させたのだから、問291の「S had no sooner done~than S did」にもリンクを張って欲しかったですね。
僕が家を出るとすぐに雨が降り出した。
As soon as I left home, it began to rain.
On my leaving home, it began to rain.
No sooner had I left home than it began to rain.
「AするとすぐにBした」には、AとBとが同時に起こったと発想する表現(同時表現)とAのすぐ後にBが起こったと発想する表現(時間差表現)の2つがあります。同時表現が①と②、時間差表現が③です。薮研の解説にリンクを張っておきました。是非、参照してみてください。
あ、それから薮研の「コメント」機能ですが、質問をコメントで投稿したいとき、どの記事にぶら下げてくれてもかまいません。そして、コメントを投稿しても、すぐには公開されることはありませんから安心してください。薮下が投稿者の許可を得て公開を「承認する」ボタンを押さないと、投稿されたコメントは画面には現れません。それでも不安なら、yabukenmail@gmail.comまでメールしてください。対応します。
そして、薮研右下には「検索窓」があります。ここに知りたいことを入力してfindボタンを押してみてください。大体のことはそれで解決します。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*