Skip to content

バカが加速!

薮下のアパートの近くに「テラッセ納屋橋」というショッピング・コンプレックスができました。そのおかげで、名古屋駅にある名鉄の地下食料品売り場まで行かなくても良くなったので助かっているのですが、テラッセの中にあるユニーのお総菜があまり美味しくありません。お爺ちゃんやお婆ちゃんをターゲットにしているからでしょう。オープン当初は黒山の人だかりだったのですが、今は土日でもカラガラに空(す)いています。
そんなテラッセのユニーでの出来事なのですが、3歳くらいの小さな男の子が、ユニーの狭い通路をものすごい勢いでこっちに向かって疾走して来ます。周りはそれに気押されて、思わず脇に退きます。その子は、特売品の袋をガバッと鷲掴みにして、母親と思われる女のところに向かって行きます。途中でいくつかまき散らしました。あれ?薮下が同じことをやったら、間違いなく万引きでしょっ引かれます。でも驚いたことに、それを見て母親はこう言ったのです!
「あら、また何か見つけたのね?!」
いやいや、そこはちゃんと叱ってやらないとだめでしょ?!そこで甘やかして「内」と「外」を混ぜてしまうと、この子は全部に「万能感」を持ってしまいます。こんな子を学校(外)で教え諭すのは至難の業。相手に対する思い遣り(想像力)はゼロ。学校の規則に対しては「そんなことに、何の意味があるのですか?」と宣(のたま)うようになる始末。こんなことだから、子供のバカさ加減がますます加速して、果ては自分が理解できないことを「それ、間違ってるんじゃないの?」と言い出します。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*