Skip to content

英語って、主語がなくてもいいんです!(8)

××のところに省略がありそうです。
Ever just the same
Ever a surprise
Ever ×× as before
歌の頭の音をそろえるのを「頭韻」というのですが、この3つの文は全部Everで始まってます。だからeverが省略の痕跡じゃないかな?と考えて前の文のEverの直後に注目します。主語を戻してみましょう。
Love is ever just the same.
Love is ever a surprise.
Love is ever ×× as before.
こうして見ると、Love is everまでが繰り返されてますから、××のところにあったのは、just the samea surpriseだと分かります。
今までもそうだった様に、人が人を好きになるのはいつも同じ。
Love is ever just the same as before.
人を好きになることは、今までもそうだった様に、いつも突然でハッとする。
Love is ever a surprise as before.
これも、昨日やった応答文と同じで、全部言ってしまうとカッコ悪くてスッキリしませんから2度目は省略します。あ、気が付いてる子もいると思うのですが、everとas beforeは普通は一緒に使いません。「いつも」も「いままでも」も同じことですから「馬から落ちて落馬した」になっています。だからEverが省略の痕跡として効果的に使われていることが分かります。違和感のないように、普通の英語にするとこうなります。
人を好きになるのはいつの時代も同じだね。
Love is always the same as it has been from times past.
話は違いますが、いつの時代も人が生きてりゃ周りに迷惑がかかるのは当然です。迷惑なんてお互い様なのですよ。それを日本人は「他人様に迷惑をかけるな」と小さいときから言われて育ちます。ま、よく言えばいつも人のことを思いやっているのでしょうが、人に嫌われないための自己愛の裏返しにも見えます。「日本人の言う迷惑なんて、アメリカではしょっちゅう掛けっぱなしだから、逆に迷惑を掛けられてもなんとも思わない」とリンダは言います。「最近、老人たちがすぐに切れるのも、彼らが普段から他人様に迷惑を掛けないように生きてきたから、反対にちょっとでも迷惑を掛けられると腹が立つんじゃないの?」確かに彼女の言う通りかもしれません。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*