Skip to content

「シス単活用術」の目次を更新しました!

「シス単活用術」の目次を更新しました。薮研右側の「目次・PDF教材」のトップに4つ並んでます。見出し番号の1から1685までの連想記憶術と接頭語・語幹・接尾語が収録されています。文法や語法で出題される場合には、リンクが張ってあります。大いに利用してくださいね。1686から最後までの単語は「システム英単語連想記憶術」に載ってます。こちらはPDFファイルなので、PDFリーダーがないと読めません。はやく「ヤバイ英単語」の方に移し替えたいと考えています。ちょっと待っててね。

8 Comments

  1. wrote:

    お身体の具合はいかがですか。
    先日、Vintageに取り組み始めたのですが、もう少し多くの問題を解いてみたいので英文法の参考書ではなく問題集の購入を検討しています。
    そこで、何かおすすめの問題集等ありましたら教えていただきたいです。(薮研の項目でも構いません)
    一応薮研の英文法の項目には大体目を通しました。
    返信できるときで良いのでお大事になさって下さい。

    木曜日, 4月 20, 2017 at 3:43 AM | Permalink
  2. wrote:

    返信が遅くなってごめんなさい。最近は「薮研」を見てないので、コメントに気がつきませんでした。身体の状態は、きわめて良好です。ただ、寝られないだけですがね。さて、「薮研の文法に目を通して、Vintageもやった」ということでしたら、桐原書店の「英文法ファイナル問題集」というのが良いでしょう。普通の文法問題集は、文法項目別に編集されているので、「関係代名詞」とか「仮定法」と分類された時点で問題の90%が解けてます。一方、この問題集は文法項目のタグが付いていないので、模試や入試と同じ状況で問題を考えないといけません。一度、本屋さんで立ち読みしてみてください。同じような問題集もたくさん出てます。ポイントは「タグが付いてない」ということです。noob君の健闘を祈ってますよ!

    火曜日, 4月 25, 2017 at 6:23 PM | Permalink
  3. wrote:

    今、薮下先生の代わりに授業をしている先生は4つの選択肢の中から日本語に合う英単語を一つ選ぶといった形のテストを行っていて、どちらかというと日本語→英語を重視しているみたいです。僕はてっきり単語は主に長文読解のために覚えているわけであって、英語→日本語が出来れば良いと思っていましたがこの考え方は間違いだったのでしょうか?(でなければいつも覚えている連想記憶術はクソの役にも立ちません)
    また、発音記号にもこだわっているらしく、これまた僕は発音はある程度の規則性を覚えて例外だけ暗記するみたいなことを夏休みくらいにやればいいかなんて考えてました。
    あまり入試問題など見たことないのでわかりませんが先生の意見をお聞かせ願えませんか。

    水曜日, 5月 10, 2017 at 9:03 PM | Permalink
  4. wrote:

    ちょっとヤバイ質問なので、即席で答えておきます。後日、表でちゃんと答えます。先ず、薮下の代わりの先生は、「日本語→英語」を重視しているのではなくて、英語語法(単語の使い方)を試しています。日本語→英語というのは英作文の力ですから、4択ではそんな力はできません。そして、英単語は僕ら日本人にとって無意味なアルファベットの羅列ですから、どこかでそれに意味を与えてやらなければ頭に入りません。それが連想記憶術です。でも、それ以上でも以下でもありません。ま、クソの役には立ちますが、それまでです。だから、授業で長文をたくさん読んだよね。そのときに、あ、この単語はこう使うんだ!と分かって初めて単語の力がつきます。だから、薮研のリーディングドリルはちゃんとやってくださいね。そうしないと、単語だけ覚えてもクソの訳にも経ちません。あ、発音記号は出る問題が決まってますから、問題を解くだけなら君の言うとおりです。でも、ヒアリングドリルをやるとリスニング問題がちゃんとできるようになります。頑張って。

    木曜日, 5月 11, 2017 at 6:30 PM | Permalink
  5. wrote:

    返信ありがとうございます。
    どのへんがちょっとヤバイ質問だったのでしょうか?
    普段のテストは4つの選択肢の中からなので確かに単語力は測れません。失礼しました。
    でも今日、先生が口頭で言った日本語に対し英単語を言うというテストを行うみたいですよ。アクセントとやらに重点を置いて。

    金曜日, 5月 12, 2017 at 4:36 AM | Permalink
  6. wrote:

    単語の勉強を続けてくれそうもなさそうで、ちょっとヤバいなと思いました。薮下の仕事は君たちを上手にダマすことです。あ、言葉が悪いですね。英語の単語さえ勉強していればなんとかなるんじゃないかと思わせることです。実際に、単語を勉強すれば成績に反映されるようなシステムを作って、「何だ!英語って簡単に点を取れるじゃん!」と思ってたよね!?そう思わせておいて、授業ではその単語の使い方を覚えてもらおうというのが薮下の作戦でした。勉強なんて、クソ真面目にやろうと思うと、なかなか続きませんからね。さて、今の先生がどんな授業をしているのか、薮下には分かりません。でも、その先生なりの目標がちゃんとあるはずです。特に今は口語表現ブームですからね。しっかり授業をうけてください。

    金曜日, 5月 12, 2017 at 6:10 PM | Permalink
  7. wrote:

    単語の勉強を続けないなんてとんでもないです。僕は普段から連想記憶術で覚えていますし、中身も凄いものだと思っています。ただ、今薮下先生の代わりに授業をしている先生のやり方に疑問を感じただけです。授業はひとつの長文を複数回の授業に分けて解説していくというよくある英語の授業って感じで、とても長文慣れとは行きそうにありません。悪い先生ではないと思いますけどね。あと、今回の中間テストは単語は30点分しか出さないそうです。
    お身体を悪くされているのに心配させるような質問をして申し訳ありませんでした。
    今の授業が決してダメな訳ではありませんが、やはり皆薮下先生を待っていると思いますよ。すべての事が終わってからで良いのでまた戻ってきてくださいね。

    金曜日, 5月 12, 2017 at 7:11 PM | Permalink
  8. wrote:

    了解です。ありがとう。

    土曜日, 5月 13, 2017 at 6:07 PM | Permalink

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*