Skip to content

薮研の使い方(5)

【3月31日】
ちょっと家業の翻訳の方が忙しくて「薮研の使い方」の更新ができていません。今やってる仕事は今日が納期ですので、明日からはなんとかなりそうです。
【3月26日】
「シス単活用術」には、『システム英単語』の見出し単語が10個ずつセットになって、それぞれの語呂合わせ、語幹、文法、語法、構文、表現、英作、類語、和製英語についての記事へのリンクが張ってあります。だからといって、「シス単活用術」を使って1日10個ずつ単語を覚えてゆくのはお勧めできません。僕らの頭から、暗記した量の約70%が1日で抜けてゆくことが科学的に証明されています。つまり10個暗記しても、1日経てば3個しか頭に残らないわけです。だから、もっと1度にたくさんの単語を覚えないといけません。
そこでやってみて欲しいのが「語呂合わせ書き写すだけ作戦」です。これは『システム英単語』の見出し単語の下の余白に、語呂合わせをただ書き写してゆくだけ。1日に100個の語呂合わせを書き写せば、3週間くらいで1巡目が終わります。そして、書き写すだけで、60%くらいの単語の意味が頭に残ります(ちょっと語呂合わせがエロ・グロに傾いているので・・)。覚えてしまった単語は横線を引いて消してゆき、覚えたものと、そうでない単語を分けてゆくのが2巡目です。そして、3巡目からが本番で、「接頭語・接尾語・語幹」を使ってみたり、自分で語呂合わせを作ってみたりしながら覚えてない単語をつぶしてゆきます。単語を暗記するときのコツは、とにかく1巡目をチャチャっと素早くやり終えることです。
【3月25日】
「シス単活用術」の目次を作っています。薮研右下の「目次・PDF教材」の一番上をクリックしてみてください。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*