Skip to content

ぷよクエ、事の顛末(1)

授業で言ってた、ぷよぷよクエストのデータ復旧についてのセガとのメールのやりとりについて、質問をたくさん受けてます。事の詳細は講座が終わってからちゃんと報告します。楽しみにしていてくださいね。聞いたらきっと笑ってしまいますよ!
【緒論(しょろん)】
リンダは翻訳の傍ら、いや翻訳で溜まったストレスの解消に、「ぷよぷよクエスト」をやってます。加えて、「夢主義」というギルドのギルドマスターもやってます。ゲームおたくの彼女のことですから、ギルドマスターになっていてもそんなに驚くことではありません。「夢主義」は弱小ギルドで、メンバーの数もなかなか増えません。そこにメンバーが1人加わったところで、状況はそんなに変わらないとは思ったのですが、色んな意味で弱みを握られている薮下は渋々メンバーになりました。
やってみると、「ぷよクエ」は「パズドラ」によく似たゲームなのですが、週1の割合で色んなイベントがあったり、ギルドのメンバーと力を合わせて戦ったりできるので、「バズドラ」よりも良くできたゲームだと分かりました。特にギルド対抗戦は興奮します。「パズドラ」は基本的に個人競技ですから、この面白さは味わえません。最近では、卒業生のハン君をそそのかしてメンバーに引きずり込んで、ギルド戦に備えていました。ハン君!今度何かおいしいものをごちそうします。そのときに、靴屋のバイトで「爆買い」に遭遇した話しを聞かせてくださいね。
さて、現在教えてる子たちは高校3年生で、間近に受験を控えているので「禁煙」ならぬ「禁ゲー」をやり始める子が多くいます。今までやってきたゲームを携帯やiPadから全部削除して、ゲームの誘惑を断ち切って勉強に専念するわけです。背水の陣を敷くなんて、その決死の覚悟がとっても素敵ですよ、吉田君!
ところが、ある授業で「ぷよクエ」をやってると言ってしまったところ、薮下にも「禁ゲー」を迫る子が続出し、ある子が、教卓にほったらかしておいた薮下の携帯から「ぷよクエ」を消してしまったのです。困ったものですね、長谷川君!ま、彼は削除したデータが復旧が可能だと知っていてやったそうです。というのも、前に自分もゲームデータを誤って削除してしまったことがあり、セガのサポートにお願いしてデータを復旧してもらったとのこと。ま、許してあげよう。
時は夏休み突入直前、ちょうど夏の集中講義が始まろうとしていたところで、薮下もその準備に忙殺されていて、とてもゲームどころじゃあありませ。ギルドマスターのリンダ頼んで、しばらくギルドメンバーからも除名してもらい、講座が終わったところで「データの復旧」をセガのユーザーサポートにお願いしようと考えてました。
【雑駁(ざつばく)】

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*