Skip to content

ReadingDrill第18回(2)

前からReadingDrill第18回の解説をやってます。第16回以降は、今年のセンター英語の大問6を「マーカ抽出法」で解いてます。今回は設問2、3の解説をやります。
設問2 直前に主張文が来ることを示唆する論理語を○で囲みなさい。
設問3 主張文に下線を引きなさい。
In formal studies, professional scientists and other experts need to maintain the highest possible standards.  For research to be accepted as valid, it must not only be thorough, but also objective and accurate.  [But] Some might argue that citizen scientists cannot maintain the necessary attention to detail, or that amateurs will misunderstand the context of the investigation and make mistakes when collecting and organizing information.  In other words, can citizen science be considered truly reliable?
主張文は、著者がその段落で取り上げたテーマについて、言いたいことを言っている文。簡単に「テーマ=主張」で要約できます。前回使ったイモトさんの話を使って説明しよう。
イモトを世間では「ブスだ!ブスだ!」言う。しかし、僕は彼女のことを美人だと思う。なぜなら、彼女のお母さんは飛びきりの美人だからだ。例えば、彼女のあのつぶらな瞳を見れば分かる。くりっとしていて、なかなかエロい。それに、あのタラコ唇を見るとむしゃぶりつきたくなるだろう。
主張文は[対立の論理」の「しかし」の直後文で、主張は「イモト=美人」と要約できます。主張文を見つけるには、テーマを探すのが早い。テーマの見つけ方のまとめを再掲示しておきます。
①テーマとは、著者がその段落でそれについて言っているところの「それ」。
②テーマは段落冒頭の抽象文(主張文)の中で「テーマis主張」の形で登場することがある。
③テーマは抽象的な名詞で与えられ、それが同格表現(namely、that is to say、 in other words、コンマ、コロン等)を挟んで右側で説明され具体化されることがある。
④テーマはその段落の中で繰り返し出てきて、代名詞化されることがある。
In formal studies, professional scientists and other experts need to maintain the highest possible standards.  For research to be accepted as valid, it must not only be thorough, but also objective and accurate.  [But] Some might argue that citizen scientists cannot maintain the necessary attention to detail, or that amateurs will misunderstand the context of the investigation and make mistakes when collecting and organizing information.  In other words, can citizen science be considered truly reliable?
よく見ると、「同格」のin other wordsが見つかります。だったら、その直前にあるのが主張文で、in other words以下は、別の表現を使って主張が繰り返されているわけです。だから、「直前に主張文が来ることを示唆する論理語」はin other wordsだと分かります。前回は「見えないbutのあぶり出し」で主張文を見つけましたが、今回は「同格のin other words」を使って同じことをやってみました。ここら辺が分かるようになると、英語を緩急をつけて読むことができるようになります。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*