Skip to content

第1課 「単語」(26)形容詞には限定用法と叙述用法がある

「やり直しの英文法」の26回目です。今回から形容詞について勉強します。形容詞には「限定用法」と「叙述用法」の2つの使い方があります。どんな形容詞でも2通りに使えます。こんな具合です。
dog小さな犬(限定用法)
a small dog
私が飼っている犬は小さい。(叙述用法)
My dog is small.

 

 

New Treasure English Series State1」のL2-2にはこう書いてあります。
限定用法=名詞の前に置いて、その名詞を説明する。<a(n)+形容詞+名詞>の語順になる。
叙述用法=主語について説明する
ま、これでも良いのですが、限定用法が名詞のだけとは限りません。こんな具合です。
小さな犬
a small dog
ネコよりも小さな犬
a dog smaller than cats
1語だけの短い飾りならば名詞の前に、2語以上の長い飾りならば名詞の後ろに来てるのが分かります。つまり、限定用法とは「詞の直、直に置いてその名詞を説明する方法」と言う方が正しいわけです。このように、長くて重たい語句が後ろに回るのを薮下は「ETの法則」と呼んでいます。気になる子はここを参照しておいてください。別の例をもう1つ挙げておきましょう。
大きな帽子
a big hat
僕には大きすぎる帽子
a hat too big for me
ここで大切なのは、1語のbigも、4語のtoo big for meも両方とも hatを飾る形容詞だと考えることです。そして、big1語だけなら名詞 hatの前に、too big for meの4語になると重たくなるので名詞の後ろに回っているわけです。この「重たくなると後ろに回る」というのが英語の特徴的な性質の1つです。これを使えば「関係代名詞」も「不定詞の形容詞用法」も「分詞の形容詞用法」も「前置詞+名詞」も「形式主語」も「倒置法」も全部説明ができます。あ、今は良く分からなくてもOKですよ!この先ゆっくり説明します。でも、どうしても気になる子はここそこを参照してみてください。
さて、次に叙述用法が「主語について説明する」というのもちょっと不十分です。
この犬は小さい。
This dog is small.
僕はこの犬がネコよりも小さいことが分かった。
I found this dog smaller than cats.
まだ1課の「単語」をやっていて2課の「文」までまだ勉強していないので、文型のことが良く分からないかも知れませんが、上の small は主語の this dog について説明していて、下の smaller than cats は目的語の this dog のことを説明しているということです。あ、「分かる+何を+どの様に」だからthis dogは「何を」で目的語です。だから、「主語について説明する」じゃなくて「主語目的語について説明する用法」と言う方が正しいわけです。
ところで、以前英語の良くできる子からこんな質問があったのを覚えています。次のsmallは「限定用法」か「叙述用法」か分からないというのです。
その小さな犬は私のです。
That small dog is mine.
確かに、このsmallはdogの直前にあってdogを説明しているので「限定用法」だと考えられます。でも、この文の主語はdogなので、smallは主語dogについて説明しているのだから「叙述用法」と言っても良いのではないか、というわけです。これは「New Treasure English Series State1」がやってる定義の矛盾を突いた鋭い指摘です。そもそも名詞が主語になるのですから、「名詞を説明する」も「主語を説明する」も全く同じことを言っているわけで、区別が付きませんよね。
じゃあ、どう定義すればよいのかというと、こうしてやります。
限定用法=名詞の前後にピッタリひっついてオマケとして名詞を飾る方法
叙述用法=文の主要構成要素として名詞を飾る方法
文の主要構成要素って何かというと、SVOCのことを言ってます。だから「叙述用法」のsmallをSVOCで表現するとこうなります。
この犬は小さい。
This dog is small.(S+V+
僕はこの犬がネコよりも小さいことが分かった。
I found this dog smaller than cats.(S+V+O+
どちらも「A=B」の関係が成り立つのが分かりますか?つまり、前にやったようにbe動詞は「イコール動詞」ですから、上の方は This dog=smallと言ってるのと同じだし、下の方はO=Cの関係が成り立つので this dog=smaller than catsと同じです。 でも「限定用法」の small はただ名詞にひっついているだけで、dogとsmallが論理的な関係にあるわけではありません。ま、まだSVOCのことは勉強していないので、今は良く分からなくてもOKです。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*