Skip to content

ヤバイ英単語(1601~1610)

1601
classicalクラシカル
クラシック音楽はclassical music」
あたしはめったにクラシックは聴かない。
I rarely[seldom] listen to classical music.
=I hardly[scarcely]ever listen to classical music.
文法 「頻度=程度+ever」
1602
Muslimマズラム
「ゴジラやモスラもイスラム教徒
インドネシアのほとんどの人々はイスラム教徒である。
Most people in Indonesia are Muslim.
イスラム教徒の女性はいつも顔を隠している。
Muslim women always hide their faces.
1603
graveグレイブ
のお供えはグレイプ・フルーツ」
状況は深刻である
The situation is grave.
それは重大な犯罪だ。
It’s a grave crime.
1604
fertileファータル
「よく土地の肥えた畑要る
ふわっと累積する肥沃な土」
肥沃な土地
fertile land
彼女は豊かな想像力を持っている。
She has a fertile imagination.
1605
hostileハスタル
ほー、スタイル悪いねと敵意のある発言」
接尾語「-ile=傾向がある・しやすい」
「hostis=敵」+「-ile=傾向がある」=hostile
→敵対する傾向がある=敵意に満ちた・対立する
「ferre=実」+「-ile=しやすい」=fertile
→実を結びやすい=肥沃な・多産な
「juvenis=若」+「-ile=傾向がある」=juvenile
→比較的若い=青少年の・少年少女向きの
彼は私に敵意を抱いている
He is hostile to me.
僕たちの多くが消費増税に反対だ
Many of us are hostile to the rise in consumption tax.
1606
indispensableインディスペンサブル
「調査員、出すペンしゃぶるのが不可欠だ
接頭語「in=否」
「in=否」+「dispensable=なくても済む」=indispensable
→なくては済まない=不可欠の
「in=否」+「different=違う」=indifferent

→違いはない・どちらでも同じ=無関心な・無頓着な
「in=否」+「comparable=比較できる」=incomparable
→比較できない=比類ない
「in=否」+「accessible=近づける」=inaccessible
→近づけない=手の届かない・よそよそしい・行けない
「in=否」+「adequate=適当な」=inadequate
→適当じゃない=不適切な
「in=否」+「consistent=一貫した」=inconsistent
→首尾一貫していない=矛盾した
「in=否」+「equality=平等」=inequality
→平等でないこと=不平等
「in=否」+「valuable=評価できる」=invaluable
→評価できないくらいの=非常に貴重な
valuableを「価値がある」とすると「in=否」で「価値のない」となっておかしくなるので注意すべし。
この辞書を片時も手放せない
This dictionary is indispensable to me.
1607
alertアラート
あらっ、という間のすばやいスリに用心する
僕らはその夜、津波に警戒していた
We were on the alert for tsunami on that night.
1608
trivialトリビアル
トリビアの泉はささいな事を問題にする」←もうこの番組は終わったんじゃない?
彼らはいつも些細なことでケンカして困った物だ。
They are always fighting over trivial things[or matters].
例文を作るのに、薮下はよくWeblioを参照するのですが、載ってる例文がどれも正しいわけではないようです。いや、多くがちょっと辺です。例えば次の様なのは全くおかしい。
平凡な若い女性??(日本語WordNet)
a trivial young woman
どうしてかというと、trivialはモノに対して使う形容詞で、人には使わないからです。この「日本語WordNet」って一体何を考えているのでしょうかね。それに、例文の正誤を無視して掲載しているWeblioもいけませんね。
1609
orientedオーリエンティド
「古代オリエントで学歴指向の社会(an academic-oriented society」
男性指向の社会
a male-oriented society
この「~指向の」というのは、「~を重視する」くらいの意味。この例文は「研究社・新英和中辞典」からの引用だけど、「男性指向の」という日本語はおかしい。薮下はこんな表現を聞いたことがありません。これはorientedを無理矢理「~指向の」にはめ込んだ変な日本語です。こんな風に日本語はどんどん英語に浸食されてゆくんですね。受験英語の罪は結構深い。
1610
splendidスプレンディド
スープ(を)レンジでチンするとすばらしい味!」
英語はすばらしい世界言語だ。
English is a splendid international language.
Weblioに載っていたのはこんな例文でした。
◆英語は壮大な慣れだ。??
English is a splendid experience.
これって、どう見ても日本人が書いた変な英語でしょ。和訳もおかしい。Weblio Email例文集って書いてありますが、こんな例文を参考にしてメールを書いていたら大変なことになるでしょうね。教師の中にはWeblioを根拠に、英文の正しさを主張する人もいますが、こんなのを基準に判断されたらまったもんじゃありません。やっぱりインターネットって「からっぽの洞窟」なんでしょうかね?

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*