Skip to content

【講義ノート193】無生物主語(6)「奪う」

電話があれば、手紙を書かないで済みます。
Telephones will save you writing letters.
不注意な運転をすると、命をなくすことになるかもしれない。
Careless driving may cost you your life.
君が尋ねてきてくれたので、電話をかけなくて済んだ。
Your visit spared me the trouble of calling you.
save を辞書で引くと「節約する」とか「省く」が出てきますが、save の原義は「奪う」です。直後の語順は「誰から+何を」になってますね。だから、一番上の例文は「人から時間や労力を奪う」と言っています。この「奪う」は良い意味で使われていて、僕らは普通これを「省く」と言うわけです。日本語にするときは、モノ主語を副詞化して「モノは人から時間や労力を奪う」を「モノのおかげで(理由)、モノがあれば(条件)、モノによって(手段)」にして、「人は時間や労力を使わずに済む」とやってやります。
cost も辞書には「犠牲を払わせる」とか「負担をかける」が出てきますが、原義はやっぱり「奪う」で「誰から+何を」の語順です。でも、今度は「人からお金や命を奪って行く」などの悪い意味で使われていて、僕らは普通これを「命を犠牲にする」とか「費用がかかる」と言うわけです。日本語にするときは、やっぱり「モノのために(理由)」「もしモノを使えば(条件)」「モノによって(手段)」にして、「人は命やお金をなくす」とやってやります。
あ、他にもこんな「奪う」があります。さっきと違うのは、「誰から+of 何を」の様に「奪う of」が割り込んでいるところです。これは「悪魔の語法」のここで一度説明しましたね。忘れた子は見直しておくこと!
その外科医は失敗したために信用がなくなってしまった。
The failure deprived the surgeon of his confidence.
「セーブ」「コスト」「スペア」は日本語化していて、中学生でも知っています。中学生でも知っている単語で意外な意味を持っているのが頻出だと前から言ってるよね!ちゃんと覚えておいてくださいね。
【第35章 名詞構文・無生物主語】例文=318

2 Comments

  1. wrote:

    英作文の練習をしたいのですが、なにから始めていいのかわかりません。まずなにをやればいいでしょうか。

    土曜日, 9月 8, 2012 at 10:53 午前 | Permalink
  2. wrote:

    明日、職員室に来てください。

    日曜日, 9月 9, 2012 at 8:50 午後 | Permalink

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*