Skip to content

【講義ノート191】無生物主語(4)「させない」

交通渋滞のせいで、私たちは時間通りに到着できなかった。
The traffic jam prevented us from arriving on time.
ヘルメットをかぶっていれば、頭を怪我することはありません。
A helmet keeps you from hurting your head.
嵐のせいで、僕は出発できなくなった。
The storm stopped me from leaving.
雨のお陰で、彼らは仕事を完成できなくなった。
Rain hindered them from completing the job.
今までは「モノが人に何かさせる」だったけど、今回は全くの逆で、「モノが人に何かさせない」です。和訳するときは、「モノのせいで、人は何かできなくなる」になります。ま、あまり「なる」を意識せずに「できない」でもかまいません。
「させない」のstopを使うとき、米では人fromーingになるけれど、英ではfromを省略してしまうのが普通です。fromがなくてもビックリしないようにしてください。あ、ここに出てくるfromは「禁止・抑制・妨害のfrom」と言います。例文も、交通渋滞が時間通りに到着するのを妨害したり、ヘルメットが怪我を抑制しているわけです。fromのもつ「~から」の意味がちょっと広がって「そこから人を引き離す」と考えると分かりやすいでしょう。「妨害」以外の from の例文を挙げておきます。
 タバコを控える(抑制
refrain [abstain] from smoking
子供がタバコを吸うのを禁止する(禁止
prohibit children from smoking
【第35章 名詞構文・無生物主語】例文=316

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*