Skip to content

【講義ノート78】「SはCのままだ」

■彼はじっと黙っていた。
He kept silent.
■彼は相変わらず無口だった。
He remained silent.
keep で「Sは一生懸命 のままでいる」、S remainで「Sは相変わらずのままでいる」の意味に成ります。ゴールキーパーは自軍のゴールを一生懸命守ります。一方、名詞 remains は「残り物」で、「いつまでもずっとそこに残っているモノ」の意味から「いつまでもSはのままの状態で残っている」の意味が派生します。どれもSVCの第2文型だから、keep や remain を be 動詞に置き換えても文が成り立ちます。
▼彼は沈黙していた。
He was silent.
■彼はあたしのことが好きだとずっと言い続けた。
He kept saying that he loved me.
■彼は相変わらず目を閉じていた。
His eyes remained closed.
さて、silent が静的な形容詞なら、分詞の saying や closed は動的な形容詞でしたね。だから、S keep やS remainのC(補語)になることができます。やっぱり keep には強い意志が、remain には投げやりな態度が感じられます。そして、これもSVCの第2文型だから、keep や remain をbe 動詞に置き換えても文が成り立ちます。
▼彼はあたしのことが好きだと言っていた。
He was saying that he loved me.
▼彼は目を閉じていた。
His eyes were closed.
【第19章 分詞(1)】 例文158

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*