Skip to content

構文095「動詞構文」その23「Aに追いつく」

■彼女は前を走っている車に追いつこうとした。
She tried to catch up with the car in front of her.
She tried to come up with the car in front of her.
up には「①(下にあるものが)上の方へ向かう up」、「②(小さいものが)大きい方へ向かう up」、「③(横になっているものを)立てる up」、「④終わる up」、「⑤中心へ近づいて行く up」、「⑥完全の up」、「⑦保存する up」の7つの意味があります。こんな意味は覚えなくても良いだろうと思っている子も多いと思いますが、知っていると結構役に立つものです!例えば、早稲田大が今までに出題したput upに関する問題などは、この7つを知らないとちょっと出来ません。こんな問題です。
◇ロケットを打ち上げる(①上の方へ向かう up)
put up a rocket
◇傘をさす(②大きい方へ向かう up)=小さく畳んである傘を大きく広げる
put up an umbrella
◇家を建てる(③立てる up)
put up a house
◇孤独に耐える(⑦保存する up)=孤独の辛さを心の中に閉じ込めておく
put up with solitude
put と一緒じゃなくても、こんな風に使われます。
◇もう終わりです。(④終わる up)
The time is up.
◇上りの列車(⑤中心へ近づいて行く up)
up-train
◇ミルクを飲んでしまいなさい。(⑥完全の up)
Drink up your milk.
さて、この「Aに追いつく」で使われている up は「④中心へ近づいて行く up」です。つまり、話題の中心である「前を走っている車」に近づいて行くことを up が表現しているわけです。だから catch up で「話題の中心へ近づいて捕らえる」、come up で「話題の中心へ近づいて来る」と言っているわけですね。with は「対象の with」で、動作が目指す対象を示します。correspond with a friend (友達と文通する)の with が「文通する」対象・相手を示しているのと同じです。
さらに、「追いつく」の意味の他動詞 overtake を使っても同じ内容を表現できます。
■彼女は前を走っている車に追いつこうとした。
She tried to overtake the car in front of her.
英語は前置詞を見たときに、その前置詞が持つ方向や早さや好悪が分かるようになると、読んでいて面白くなってきます。動詞構文に登場する前置詞を1つ1つ味わいながら覚えていってくださいね。
それでは、類題を解いて見ましょう。
Go on ahead.  I’ll soon (    ) up with you.【③】亜細亜大
①call・・・・・・②stay
③catch・・・・④pass
■先に行ってください。すぐに追いつきますから。
You’ll catch up with him if you leave at once.【③】近畿大
①pursue・・・・②occupy
③overtake・・④recover
■直ぐに出発すれば、彼に追いつけますよ。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*

*